忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
 毎年ダントツの最下位を爆走中の横浜。
この弱小チームを強くするにはどうしたらよいのか?
辛口で書きます。

●今年を振り返り

①投手

・先発:いい投球をしても打線が点を取ってくれないので勝てない。
・中継:勝負所で打たれる。
・抑え:自分でピンチを作り、自滅している。

②打線

・1,2番:出塁率が悪く、盗塁もままならない。
・3,4,5番:調子の善し悪しが激しい。
・6,7,8番:完全に下位打線。

●現選手に不足しているもの

○:1軍レベル、△:なんとか1軍レベル、▲:2軍レベル、×:育成レベル

①投手

先発
三浦 ○疲れて来ると、体重が軸足に乗らず悲惨な投球に
高崎 ○中盤、体重が軸足に乗らず、悲惨な投球に。
国吉 ▲基本的に体重が軸足に乗る前に投げる傾向のため、調子の波が激しい。
加賀美 △体重が軸足に乗れば、素晴らしい投球をするが、乗らない日は悲惨。
王 ×外人タイプの投げ方で直ぐ軸足に体重を乗せてから上体で投げるタイプ
 でも軸足に乗り切れなくなると途端にノーコンに。
小杉 ▲国吉と同じ。
伊藤 ▲加賀美と同じ。
中継
藤江 △加賀美と同じ
佐藤 ▲加賀美と同じ。
加賀 ▲国吉と同じ
菊池 △加賀と同じ。
大原慎 △加賀と同じ
林 ▲体重が軸足に乗らない。
篠原 ×林と同じ。
牛田 ×加賀と同じ。
抑え
山口 △国吉と同じ。

なにしろ、軸足に体重を乗せてから、腕を振るようにするために
下半身、上半身の筋力を強化するしかない。

②打撃

捕手
高城 ×バットは振れているが、腰が入らないので、単に振るだけ。
鶴岡 ▲高城と同じ
内野手
中村 ○腰が入ってバッドが振れている。
内村 △高城と同じ
筒香 ▲高城と同じ
渡辺 △高城と同じ
後藤 ▲高城と同じ
石川 ▲手打ち。
梶谷 ▲石川と同じ
外野手
ラミレス ○中村と同じ。疲れてくると手打ちになる。
荒波 △石川と同じ。
金城 △高城と同じ。
下園 ▲高城と同じ。
小池 ▲高城と同じ。
一輝 ▲高城と同じ。

なにしろ、腰が入った打撃をするためには投手と同じで
下半身、上半身の筋力を強化するしかない。


●現役選手で大丈夫か?

1軍レベルの選手が殆どいず、いても高齢で怪我・不調のリスクが大きい。
1軍レベル以下の選手は、基本的に1軍レベルの技術力がないので、
来年までに確保するのは無理な話。

ということで、現状でなにもしなければ、今年より悪くなる感じ。

●1軍レベル以下の選手は何をすべきか?

投手、野手ともに、基本が出来ていないので、基本を習得しなくては進歩なし。
考え方を変えるとか、取り組む姿勢を変えるとか、練習量を増やすとかの
精神論では、悪くすると体を壊して選手生命の危機にもなりかねない。

・筒香は、来年も期待薄かも。
・国吉・王は、筋力不足なので鍛えるしかない。
・石川・荒波・梶谷も手打ちを改めない限り進歩なし。

●じゃ、どうすればよいか?

外部から選手を獲得するしかない。

①ドラフト

すでに終わってしまったので。。。。。

②トレード、FA

これは中々難しいのでは。

③外人

これが一番可能性あり。

●どこを補強するのか

①打撃陣の補強が最優先

投手力は、他の球団に比べ悪いが、数年前よりは良くなっている。
問題は、数年前より打撃陣が低下している。
打撃陣が点を取れれば、勝てる試合が多々あるのでこちらが大事。

(3,4番)を打てる外人2名(外野、内野)を補強する。

★既に福留、ブランコの補強案が出ている。どちらも入団確実な新聞情報もあり。

福留、ブランコ獲得出来れば、外人は1番を打てる俊足・好打の率を残せる打者が良い。

②次に投手

投手は、先発は頭数が揃いつつあるが、なにしろ1年を通して
活躍するかは殆ど不明なので、左の先発が欲しい。
また、抑えに繋ぐ強力なセットアッパーが欲しい。

投手は、先発(1名)、中継ぎ(1名)を補強する。

★左投手は、GM、あてがあるような発言が新聞記事に。
→神内のことか?

★先発・中継ぎは、外人がよい。

③トレード

これは相手があってのものなので、なんとも。。。

補強ポイントは、中継ぎ、代打陣か。

★まさしく、上記の補強を行った。
中継ぎ:吉川、代打:多村

●外人獲得の問題。

横浜は、ローズ以後、まともな外人が取れいない。
他球団、特にヤクルト、広島は、良い外人を連れてくる。
外人獲得のルートに問題があるとしか思えないので、
この点を改善しないと駄目かと思う。

●来年確定の先発は

内村以外、他は未定でしょ。

・内村は、守備はまだまだだが、盗塁の感が鋭い。
 守備と打撃を鍛えれば、素晴らしい2番バッターになる。

●来年の理想的な打順

1.新外国人
2.内村
3.福留
4.ブランコ
5.ラミレス or 多村
6.中村 or 筒香
7.荒波 or 石川
8.捕手
9.投手

・二塁手または中堅は、新外人が良い。
 荒波、石川では、今年と変わらず。

●リスクは

なにしろ、横浜の打者は、皆さん弱点があるし、高齢という点もあり
来年活躍できるかは不明。

ラミレス:怪我のオンパレード状態のため、活躍可能かは未知数。
中村  :2軍行きから、調子を落としたまま。来年活躍出来るかは未知数。
福留  :従来の打撃が出来るかは未知数。
ブランコ:例年の打撃は可能か?
多村  :基本は代打専門か。ラミレス不調の控え。
筒香  :スタメンは厳しいか。中村不調の控え。
新外国人:全くの未知数。

高崎  :体の疲れが取れればOKか
三浦  :今年の調子を来年も継続可能か?
国吉  :鍛えるしかない。
加賀美 :例年の春先の怪我が心配。
藤江  :後半、体の切れが無くなったので心配。
山口  :この方は、良く分かりません。精神修行が必要か?

拍手[0回]

PR
 今年は親会社も監督・コーチも替わり新しい球団になった。
ということで、オープン戦の結果を踏まえて開幕前の横浜の予想をしてみた。

項目的には、去年までとは少し変えて。。。
 ①今年の投手陣
 ②今年の打撃陣
 ③今年の守備陣
 ④今年の采配
 ⑤今年の行け行け度
 ⑥他球団は。。。
 ⑦セリーグの予想展開


①今年の投手陣

 オープン戦の序盤から投手陣は好調をキープし、
オープン戦は11勝6負の3位と非常にいい成績をあげた。

これは、特に先発陣が安定した投球を見せ結果。
さらに、今年の特徴は、直ぐに先発陣が指で数えられる事。
さらにまた、先発陣が不調になっても、その変わりがまだいる点です。

これは、今までの横浜には無かったことで、今年の横浜がかなり強力な
投手陣を現時点では築きあげたのが凄い事です。


 現時点では、◎:絶好調、○:好調、□:まあまあ、△:普通、▲:不調、×:どん底
        オープン戦
        終了時
   高崎    ○
   山本    ◎
   ブランドン ○
   国吉    ○
   ジオ    ○
   三浦    △

   小杉    2軍○
   加賀美   2軍△
   小林太   2軍▲
   田中    2軍△
   阿斗理   2軍▲
   小林寛   2軍▲
   清水    怪我リハビリ中
   眞下    2軍

   佐藤    △
   林     △
   菊池    △
   大原慎   △
   篠原    △
   加賀    □
   藤江    ▲
   ハミルトン ○
   山口    △

   牛田    2軍
   江尻    2軍
   福田    2軍



 ということで、
先発は、6人が決まり、この中で三浦は登板間隔を空けて起用する
方針のようなので、去年と同じく、登板後一旦抹消して2軍から上げる
ようなことになるのだろうか。その一番候補は、小杉か。

さらに、加賀美がまたもや怪我で出遅れているが、
加賀美が出てくれば、まさに強力投手陣が出来ますね。

 ということで、先発で3人が不調になっても、
今年は戦力ダウンにならずに替わりを補給できる体制が整えられる感じがしますね。
これは、優勝出来るチームの条件なので、今年は期待できそうですね。

 問題は、中継ぎ以降ですが、先発が早い回に潰れるような事態に
ならなければ、2~3人で賄えるので、これは余裕がでますね。

ここも江尻、牛田が現時点でいないので、彼らが帰ってくると大きいですね。

問題は、抑えの山口で、前回の3失点は花粉症とのことだが、
果たしてどうなるかは、まだ不明。


②今年の打撃陣

 現時点では、◎:絶好調、○:好調、□:まあまあ、△:普通、▲:不調、×:どん底
        オープン戦
        終了時
   黒羽根   ▲
   鶴岡    ▲
   新沼    △

   小池    ○
   石川    ▲
   梶谷    ○
   中村    ▲
   渡辺    △
   藤田    △
   内藤    ▲
   後藤    怪我×
   筒香    2軍怪我×
   サラサー  2軍▲
   山崎    2軍

   ラミレス  故障×
   荒波    □
   金城    □
   下園    □
   森本    ▲
   啓二郎   ▲
   北     ▲
   吉村    ×
   一輝    2軍


 ということで、打撃陣は、調子の悪い投手は打てるが、
それ以外は、なかなか打てない。
しかし、今年は去年までとは違い、ヒット無しでも機動力で点が取れるので、
なんとか先発が頑張れば試合になるでしょう。

 問題は、やはり怪我人の多さですね。
ここにきて怪我人が続出していますが、これがシーズンでも続くようだと心配だが。
荒波と梶谷が共に怪我する確率は低そうなので大丈夫とは思うが、
現時点で1軍の彼ら二人以外が怪我しても、まあ、あまり影響しないだろうが??
筒香、ラミレスが怪我の影響で不調もしくは再発でもするとヤバイですね。

③今年の守備陣

 まず、捕手は、強肩の黒羽根で正捕手は決まりですね。
これほどの肩があると、相手はそうそう盗塁して来ないでしょうね。

 内野陣は、二遊間は問題なし、1、3塁も大丈夫でしょう。
 筒香が帰って来た時に不安感が残るが。

 外野陣は、センターが荒波で固定すれば大きい。
問題は、レフト ラミレスだけど、荒波のバックアップ必須。
ライトは、下園、金城、森本なので問題なし。

ということで、黒羽根の強肩で横浜は別チームになりましたね。

④今年の采配

 去年までと一番違うのが、その時点の状況で最強の布陣を敷くこと。
去年までは、こうだと決めたら絶対曲げない。古い野球の概念でしたので。。

 これが一番大きいですね。そのため、大きく負けて行くことは
なさそうな感じですね。選手が不調や怪我でいなくなれば別ですが。

 今年は機動力采配が出来ることも大きいし、何をやってくるかも
相手からは分からない采配で、相手はとても神経を使うでしょうね。
ということで、采配に関しては大いに期待できそうですね。

⑤今年の行け行け度

 まだまだ経験がない選手ばかりなので、いきなり優勝はないでしょうが、
今年は、中盤から終盤に掛けて体の疲れで失速するかどうかでしょうね。

 これが無ければ、相当いいところまで行けそうな感じ。

行け行け度UPは、来年以降でしょうね。


⑥他球団は。。。

 オープン戦を終了し、怪我・故障・不調というところで
明暗が分かれてますね。
・Gは、先発、中継ぎに問題なし。打線は良い投手だと湿りがち。
・Dは、先発が大丈夫か?中継ぎ陣も最後の二人はOKだが、打線はこんなものか。
・Tは、先発が不調なので辛そう。打線はこんなものでしょう。
・Sは、先発が足りなさそうだが、打線もこんなもの。
・Cは、投手陣はよさそうだが、打線がちょっとか。
・Yは、先発陣は、現在は一番いい。打線は二人待ち。

⑦セリーグの予想展開

 現時点では、予想順位は難しいが、
 どこの打線も投手がいいと打てない。
 悪ければ打てるので、投手力が安定しているチームが有利。

 そういう意味だと、YBとGが抜き出ている。
 T,Dは少し苦しい。Sは去年同様打線が活躍できるか。
 Cは、打線次第ですね。

 で、いきなりYBとGが走ってしまえば、2強の争い。
 そうでないと、混戦になりますね。

 ここから落ちるチームは先発が不足してきたチームかな。

 どちらにしても今年も交流線でセリーグが勝てるかどうか。
今年は、パ主力投手がメジャーに行ってしまったことでどうなるか。

 ということで、7月以降に戦力が整ったチームがそのまま行きそうな感じか。


○開幕予想オーダ

 1:遊 梶谷
 2:左 森本
 3:二 石川
 4:三 中村
 5:一 小池
 6:右 金城
 7:中 荒波
 8:捕 黒羽根
 9:投 高崎

拍手[0回]

 昨日は、浜スタで観戦。試合前にホッシーファミリーの卒業式と、
新マスコットのお披露目があった。

 その名前が「DB.スターマン」。

その登場と共に、球場にいたファンから落胆とひんしゅくの声が。。。。

プロ野球のマスコットでこの顔と体系はありえない。

ということで、これには裏があると考えてみた。

①話題を集める戦略。

 当然、スポーツマスコットには、ありえないキャラだが、
わざとこうしたと考えるのが妥当だろう。

 ホッシーを卒業(引退ではない。1992年に入団したのに卒業?)させ、
その代わりに、このキャラを採用したのには、一旦、話題を集中させたいという戦略があるものと思う。

これでマスコミやネットで宣伝してもらえる。

②次はどうなる

 ここが問題だが、二通りのケースが考えられる。

2-1)帰還する。

 ホッシーをファンからの要望で帰還させる。

ホッシーは、前TBSで作られたマスコットではあるが、ファンには慕われていた。
でもオーナーが変わったので、仕方なくマスコットを変えざるをえない。

しかし、このキャラを残しておきたいが、という点を踏まえて

敢えて、ありえないキャラを登場させ(ホッシーのペット)、

ベイスターズが今年も弱かったら、それを心配してホッシーが帰ってくるという想定。


2-2)もっと大胆な発想

 「スター」という名称、あの寸胴のキャラから

「スターウォーズ」の「R2」を連想する。

想定としては、まずは、R2を登場させ、次に相棒の「C-3PO」を持ってくるのでは。

その次は。子供のスカイウォーカーとヨーダとか、それともホッシー達か。。。

まあ、このキャラをまともに受け取るのは、どうかなと。
何か考えがありそうですね。

拍手[0回]

 今年も来週から待望のキャンプに突入するが、
まずは、キャンプ前の横浜の予想をしてみた。

 キャンプ前ということで、補強戦力だけでの予想でしか
ないが、まあ、どうかな。

項目的には、毎年同じで。。。
 ①今年の投手陣
 ②今年の打撃陣
 ③今年の守備陣
 ④今年の行け行け度
 ⑤他球団は。。。

まずは、
【①今年の投手陣】

 野球は、何と言っても投手陣がすべて。
これが弱いと、打撃陣がいくら強力でも優勝はまず無理。

●今年の補強面

・いなくなった人
  先発 左:ランドルフ、ゴンザレス、リーチ、右:大家、
  中継 左: 右:真田

・補強
  先発 左:藤井、外人 右:ジオ
  中継 左:林、右:菊池
  抑え 左:、右:

ということで去った方は、まあ、期待できそうな方ではないので問題なし。

補強は、先発ではジオ、藤井が入ってきたが、打線が活発なら勝利も可能だが
横浜の場合は、打線が今年も不明なので、現時点ではなんとも言えない。
中継ぎも、輝いていた時の再来を期待という感じですね。

ということで、補強面は、ジオと藤井が打線の活躍で勝てればの話ですね。
あまり期待するのは難しい。

●今年の投手陣

 先発:高崎、小林太、加賀、国吉、三浦、ジオ、(加賀美、須田、ブランドン、藤井、清水、山本、眞下、田中)
 中継:藤江、江尻、牛田、篠原、大原慎、林、(福山、福田、ハミルトン、菊池)
 抑え:山口

 ということで、抑えは山口で問題なし。

中継ぎは、真田に変わり林が務まるかは現時点では未知数。
牛田も故障がちなので、故障せずに1年活躍は期待できない?
牛田に変わり藤江が、去年のような安定した投球が出来るか、江尻では大事な場面はキツイ。
左の林が投げられれば、大分楽になるが、これは殆ど未知数。

 先発は、高崎、小林太、加賀の3本柱がキチット投げられ、
ここに国吉、さらに加賀美が入ってくれば、バッチリだが、これも分からない。
さらに三浦は故障するのがステータスなので、一年のうちで活躍できるのはせいぜい2ヶ月ぐらい。
外人は、ジオがどうなるのか?ブランドンは、なんとも言えない。

ということで、加賀美の出来次第で、CS進出も夢でなくなるかも。

 ということで、キャンプ前は、戦力的には、若手が育ってきているので去年よりは大分マシ。

    ・抑えは自分のフォームを安定できるか。
    ・先発3本柱が一年を通して安定できるか。
    ・中継ぎが崩壊しなければ。

【②今年の打撃陣】

●今年の補強面

・いなくなった人
  捕手  武山、橋本
  内野手 村田、ハーパー、稲田、
  外野手 スレッジ、喜田、早川、桑原

・補強
  捕手  鶴岡
  内野手 後藤
  外野手 ラミレス、小池

●今年の打撃陣

 捕:鶴岡    (黒羽根)
 1:ラミレス  (内藤)
 2:藤田(外人)(山崎)
 3:筒香    (後藤)
 遊:渡辺    (石川)
 右:下園(外人)(吉村)
 中:荒波    (森本)
 左:小池    (松本)

 代:金城・内藤・石川・森本、吉村

○予想オーダ

 1:荒波
 2:藤田
 3:下園(外人)
 4:筒香
 5:ラミレス
 6:渡辺
 7:小池
 8:鶴岡
 9:投手

 ということで、今年も去年からは全く別打線という感じですね。

 問題は、新しい選手が、活躍できるかだけど。。。
 筒香は、内角が打てるかだけど、大いに????
 ラミレスは、年齢的な衰えはないのか?去年の不調の原因は。。。
 鶴岡は、去年よりはマシになるかもね。
 荒波がまともに野球をやってくれるのか?

 ということで、今年も未確定な部分があるので始まってみないと分かりませんね。
 キャンプ前は、去年よりはましということで。

【③今年の守備陣】

 ラミレス、筒香の守備が心配
 ということで、これは、不確定要素が大きいのでやってみないと分からない。

【④今年の行け行け度】

 優勝するチームには、開幕前からオーラが漂うが、
 横浜には、今年もあまり感じられない。
 補強的にも、村田とラミレスを交換しただけという感じで、どちらも去年は不振。

 なにしろ、未知数の選手・怪我暦が多いので、まあ期待は難しいね。
 なにしろ、今年も1年を通して活躍できる選手が少ない。
 ということで、まあ、今年もラミレスが打たないと去年と同じようなことになるかと。。。。
 今年も怪我で落ちて行く事だけが心配ですね。特に、三浦、牛田、加賀美。

【⑤他球団は。。。】

 G:ここは、大型補強をして先発2枚を補強したのがすべて。
   村田は、ラミレスとの交換だが、はたして打てるのか?
   ということで、戦力的には先発充実で迫力満点のため、今年もAクラス確実な感じ。

 D:ここも補強を怠らないので、今年も駒が揃っているので、問題なし。
   怪我さえなければ今年もAクラス確実。

 S:ここは、評判悪くてもなんとかしてくるチーム。
   今年も外人が活躍できるかでAクラス争いが可能かどうか。

 T:ここは三拍子揃ったチーム構成だったが、徐々に戦力が落ちてきている。
   それでも、投手陣はなんとか揃っているので今年もAクラス争いが微妙なレベル?
   ただ、今年も段々年齢層が高くなってきているのが問題か?

 C:ここは、今年も新人、新外人頼み、ただし、投手陣も揃ってきているが打線がイマイチ。
   ということで、今年もBクラスという感じかな。

 ということで、どのチームも、怪我、不調での戦力ダウンが不安であるが
 キャンプ前の時点では、G、D,T,S,Y,Cと言う感じかな?!
 
 問題は、いつものことだが今年もやっぱり、怪我ですね。
 一年を通して、チーム全体で怪我が少なく、
 スタートダッシュできたチームが有利で、
 さらに新戦力が台頭したチームが優勝するでしょう。
 
 そういう意味だと、横浜が優勝する条件は、
 投手は、高崎・小林太、加賀の3本柱でローテを守れること。
     国吉、加賀美、外人が活躍でき、そこにベテランが補完できること。
     中継ぎが崩壊しない。
     山口の負け数を減らす。
 打撃は、なにしろラミレスの復活のみといっても過言ではない。
     さらに新外人が働けて、3,4,5番が確定できるか。
     1番、2番が定着し、活躍すること。
 ですね。

拍手[0回]

 震災の影響で今年は19日遅れての開幕戦が始まるが、
開幕前の横浜の予想をしてみた。

 今年は終盤オープン戦が中止となり、途中外人選手も帰国するなど
いろいろ調整が難しい状況だけに予想はかなり困難だが、まあ、それなりに。

項目的には、毎年同じで。。。
 ①今年の投手陣
 ②今年の打撃陣
 ③今年の守備陣
 ④今年の行け行け度
 ⑤他球団は。。。



①今年の投手陣

 オープン戦の序盤は大きく負け越し、今年も去年と同じかと思われたが、
練習試合になって徐々に調子が上がってきた。
逆に抑えの山口がオープン戦から絶不調。ここをどう判断するかが問題ですね。
さらに外人のリーチ投手がアメリカに避難し、家族の猛反対で戻ってこれずに制限選手になった。
ということで、一応先発投手陣が足りない状況。

 現時点では、◎:絶好調、○:好調、□:まあまあ、△:普通、▲:不調、×:どん底
        練習試合
        終了時
   三浦    ▲
   清水    怪我復帰中(4/19の週か)
   山本    ○
   大家    △
   高崎    ○
   眞下    ○
   リーチ   制限選手(帰ってこないだろう)
   ブランドン ▲
   田中    2軍(調子は良くなっている)

   小林太   2軍
   藤江    2軍
   牛田    2軍
   秦     ▲
   大沼    2軍
   真田    2軍

   江尻    △
   福田    ×
   阿斗理   △
   佐藤    ▲
   小杉    △
   小林寛   △
   ハミルトン △
   加賀    ◎
   山口    ×

 ということで、
先発は、清水の復帰がまたれるが、その間は6人か5人で廻すだろう。
しかし、リーチはほぼ戻ってこないだろう。
ということで、三浦、山本、大家、高崎、眞下ともう一人の外人
ということになりそう。

高崎、三浦は、公式戦に入って本当に使えるかが分かるはず。
したがって、この二人の出来で去年と同じ運命を辿るか否かが決まる。

 中継ぎ以降も非常に不安な状況で、さらに最後が心配。
なので、先発が7回まで投げれば問題なしだろう。

中継ぎは、
  加賀は完ぺき、ハミルトンを中継ぎに回すしかない状態。
江尻はなんとか、福田、佐藤、秦は論外、阿斗理もなんとか持ちこたえている。

抑えは、山口が2軍行きだろう、変わって加賀を抑え、
大沼をなんとか1軍へ。牛田がどうなるか?

②今年の打撃陣

 現時点では、◎:絶好調、○:好調、□:まあまあ、△:普通、▲:不調、×:どん底
        オープン戦
        終了時
   武山    △
   細山田   ▲
   新沼    △
   黒羽根   2軍
   橋本    2軍

   渡辺    △
   石川    ◎
   村田    ▲
   ハーパー  △
   藤田    ○
   内藤    ○
   稲田    ×
   山崎    2軍

   スレッジ  △
   吉村    ×
   森本    ○
   松本    ▲
   金城    ○
   下園    故障
   一輝    △
   喜田    2軍


 ということで、打撃陣は、調子の悪い投手は打てるが、
それ以外は、なかなか打てない。
去年不調の村田がどこまで復活できるか。吉村のフォーム改造は本物か?
3番スレッジ、5番ハーパーは妥当な打順ですね。

金城が調子が良いので、代打で使うのかスタメンかはどうするのか?
吉村が全く役立たずなので、ここに誰を置くかですね。

ということで、オープン戦で出来た、積極的に打てるかが4月の課題。
打てないと、いつものパターンにはまる。

③他球団は。。。

 オープン戦を終了し、怪我・故障・不調というところで
明暗が分かれてますね。
・Gは、先発、中継ぎに不安あり。打線も物足りない。
・Dは、チェンがつまづいても問題ないか。打線は良くなっている。
・Tは、新しい投手が活躍できるかどうか。
・Sは、先発が足りなそうな雰囲気。
・Cは、投手力、打線ともにもう一枚足りないので、どこまで踏ん張れるか。
・Yは、今年も初めから故障・不調、戦力不足に悩まされそうな予感。

④セリーグの予想展開

 現時点では、予想順位は難しいが、
 YBの存在がペナントを左右しそうな感じですね。
 で、Dの先発が調子が今一だと混戦になりそうな図式が考えられる。
 Dが調子が良ければ、Dの独走にどこが絡むか。
 Gは投手力がどうなるか。
 序盤は、D、Tの争いか。
 その後、Gがどこまで盛り返すか?
 どのチームも勝てる先発が最低4人いないので、
 五割前後での争いになりそうである。

 Yは、高崎、三浦が使えないと今年も早々に萱の外になるかもしれないという感じ。
 逆に使えると、台風の目になる予感がする。そうなると2位争いに食い込めるかも。

 どちらにしても、怪我・不調の山口、清水、牛田、大沼、村田、吉村が調子を
 上げていつ復調・復帰するかで勝負が決まるような気もするが。。。
あと、眞下、田中が勝てる投手になれるかも大きい。

○予想オーダ

 1:二 渡辺
 2:遊 石川
 3:左 スレッジ
 4:三 村田
 5:一 ハーパー
 6:中 森本
 7:右 金城
 8:捕 武山
 9:投 投手

拍手[0回]

忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
[-]最新トラックバック
プロフィール
HN:
7maru
性別:
非公開
自己紹介:

バーコード
ブログ内検索
[+]アーカイブ
アクセス解析