忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 開幕から5カード15試合を経過して、横浜の現状を開幕前と比べてみた。


項目的には、
 ?今年の投手陣
 ?今年の打撃陣
 ?他球団は。。。
 ?セリーグの予想

?今年の投手陣

 開幕して、まず三浦が2軍、そして先発が不調。はっきり言って悲惨な状態。
しかし、期待の高崎が通用せず、仕方無しに新人の小林を上げざるをえない状況。
 さらに中継ぎの川村が2軍、マットホワイトが故障、そして加藤も故障で2軍。
そして抑えのヒューズまでも通用せず2軍へ。まあ中継ぎ抑えが崩壊状態。

 現時点では、◎:絶好調、○:好調、□:まあまあ、△:普通、▲:不調、×:どん底
        キャンプ オープン戦 15試合
        終了時   終了時   終了時
   三浦    △  → ▲   → △
   寺原    △  → ○   → ○
   工藤(手術) ▲  → ▲   → ▲
   土肥    ○  → ▲   → △
   ウッド   ×  → ×   → ○
   高崎    ▲  → ▲   → 2軍
   入来    △  → △   → 2軍
   ウィリアムス×  → 2軍  → 2軍

   吉見    ▲  → 2軍  → 2軍
   川村    ×  → 2軍  → 2軍
   牛田    △  → 2軍  → 2軍
   横山    ▲  → 2軍  → ○
   山北    △  → ▲   → 2軍
   小林    ▲  → 2軍  → ?
   佐藤    ×  → 2軍  → ?
   三橋    ▲  → ▲   → ▲
   桑原    ▲  → 2軍  → ○
   小山田   ×  → 2軍  → 2軍
   高宮    ×  → 2軍  → 2軍
   秦     ×  → 2軍  → 2軍

   木塚    ○  → ○   → △
   那須野(手術)×  → △   → ▲
  マットホワイト△  → △   → ○
   加藤    △  → △   → 2軍(肉離れ)

   ヒューズ  ▲  → ▲   → 2軍

 ということで、早くも投手陣の建て直しを行なう羽目に。
で、寺原、復帰した三浦、土肥、ウッドが二周り目で良くなり、なんとか日の目が出てきた。
 さらに中継ぎも、復帰したマットホワイト、横山もナイス投球をしてくれ。
さらに新人の桑原が抑えもできる感じでG戦に登板し、投崩状態から、すこし光明が出てきた感じ。

?今年の打撃陣

 現時点では、◎:絶好調、○:好調、□:まあまあ、△:普通、▲:不調、×:どん底
        キャンプ オープン戦 15試合
        終了時   終了時   終了時
   斉藤    ▲  → ▲   → △
   鶴岡    △  → △   → ▲
   新沼    △  → 2軍  → 2軍
   相川(手術) ×  → △   → △

   石井琢   ▲  → ○   → △
   仁志    △  → ×   → ×
   村田    △  → ▲   → ▲
   佐伯    ▲  → ×   → △
   石川    ▲  → 2軍  → 2軍
   野中    ▲  → ▲   → ▲
   斉藤秀   ▲  → ▲   → ▲
   藤田    ▲  → 2軍  → 2軍
   ジェイジェイ△  → ▲   → ×

   小関    ▲  → △   → ▲
   金城    ▲  → ▲   → ○
   内川    ▲  → ▲   → △
   ビグビー  △  → 2軍(故障)→2軍
   吉村    ▲  → △   → ▲
   大西    ▲  → ▲   → 2軍
   小池    ▲  → 2軍  → 2軍
   鈴木尚   ▲  → ▲   → △

 まずは、相川が毎試合出れない状況で、鶴岡は悲惨。
そこに斉藤俊が出てきて、偏りリードだけど、なんとか試合を作れた。

 ただ、肝心の村田、吉村、仁志がさっぱりで、
点がほしい時に点が取れないので、結果的に苦しくなり負けている状態。
 ただ、小関が開幕直後は良かったので全負しなかったが、
その小関に陰りが見えてきたので心配。

 ということで、やはり村田、吉村、仁志が本調子を取り戻さないと
普通に勝てないですね。
あと、レフトはビグビーに期待したいがどうでしょうか?

?セリーグの予想展開

 Gは、ベテランの打撃陣が不振で勝ててない。
 ということで、ペナントレース的には面白い感じに。
 Dは、森野が戻ってきたので、調子はいい。
 Tは、投手陣が徐々に良くなり、金本も絶好調なので、勝ててる。
 Sは、やはり新しい投手陣が出てきて勝ててる。
 Cは、まあこんなもんでしょうか。
 Yは、仕方ないですね、今の状態では。。。

 ということで、これからは、不調のチームがいつ好調になるかで
 ペナントレースの行方が変わってくる。
 ということで、Gは今のままでいてほしい。。。
 Yは、加藤、川村、高崎が戻って来るまで、しのいでほしい。
 さらに新人もなにしろチャンスなので怪我しないように頑張って欲しい。
 で5月まではなんとか「−7」までで踏ん張り、勝負は6月以降になればいいが?

拍手[0回]

PR

 23日でオープン戦が終了し、週末から公式戦開幕ということで、
オープン戦の結果を踏まえて横浜の予想をしてみた。

項目的には、
 ?今年の投手陣
 ?今年の打撃陣
 ?他球団は。。。
 ?セリーグの予想

?今年の投手陣

 オープン戦の終盤の大事なところで大きく負け越し
先発は、突然崩れるわ、打者はチャンスは作っても点は取れない
という昨年の最下位独走状態となんら変わっていない状態で
オープン戦を終了した。
ということで、一応投手陣の頭数はいるが、はっきり言って悲惨。

 現時点では、◎:絶好調、○:好調、□:まあまあ、△:普通、▲:不調、×:どん底
        キャンプ オープン戦
        終了時   終了時
   三浦    △  → ▲
   寺原    △  → ○
   工藤(手術) ▲  → ▲
   土肥    ○  → ▲
   ウッド   ×  → ×
   高崎    ▲  → ▲
   入来    △  → △
   ウィリアムス×  → 2軍

   吉見    ▲  → 2軍
   川村    ×  → 2軍
   牛田    △  → 2軍
   横山    ▲  → 2軍
   山北    △  → ▲
   小林    ▲  → 2軍
   佐藤    ×  → 2軍
   三橋    ▲  → ▲
   桑原    ▲  → 2軍
   小山田   ×  → 2軍
   高宮    ×  → 2軍
   秦     ×  → 2軍

   木塚    ○  → ○
   那須野(手術)×  → △
  マットホワイト△  → △
   加藤    △  → △

   ヒューズ  ▲  → ▲

 ということで、
先発は、寺原だけがまとも。あとは不安。。。
ということで、三浦、土肥、工藤の調子が開幕までに戻れば、戦えるが、
戻らないと、大変なことになりますね。
あと、ウッド、高崎は、投げてみないと分からない状況なので
当てにしない方がいい。状況次第で、入来が先発になりそうな感じか?

中継ぎは、
  加藤、木塚、マッドホワイトがいるので、安心だけど、
  この他に那須野がなんとかギリギリセーフな感じでよかったですね。
  川村がどうなってるのか心配。佐藤は残念でした。。

抑えは、ヒューズで頑張ってもらうしかないが、
今の状況では、加藤、マットホワイトとの三人制かな?

?今年の打撃陣

 現時点では、◎:絶好調、○:好調、□:まあまあ、△:普通、▲:不調、×:どん底
        キャンプ オープン戦
        終了時   終了時
   斉藤    ▲  → ▲
   鶴岡    △  → △
   新沼    △  → 2軍
   相川(手術) ×  → △

   石井琢   ▲  → ○
   仁志    △  → ×
   村田    △  → ▲
   佐伯    ▲  → ×
   石川    ▲  → 2軍
   野中    ▲  → ▲
   斉藤秀   ▲  → ▲
   藤田    ▲  → 2軍
   ジェイジェイ△  → ▲

   小関    ▲  → △
   金城    ▲  → ▲
   内川    ▲  → ▲
   ビグビー  △  → 2軍(故障)
   吉村    ▲  → △
   大西    ▲  → ▲
   小池    ▲  → 2軍
   鈴木尚   ▲  → ▲

 ということで、好調は石井琢だけど、
肝心の村田、吉村、佐伯、金城がまだ不調なため打線に迫力がない。
全体的に非常にどん底状態ですね。
したがって、チャンスを作っても肝心なところで打てないで
点が入らないので、試合にも勝てない。

そんな中で吉村・小関が、徐々に良くなっているのはいい。
問題は、村田が公式戦に入って調子が上向くかどうかですね。
ということで毎年だけど、現状の打線では、投手が頑張っても報われないかもですかね。

?他球団は。。。

 オープン戦を終了し、怪我・故障・不調というといころで
明暗が分かれてますね。
・Gは、全体的にまとまっている。
・Dは、先発に不安が残る。
・Tは、故障者・不調者ありで不安。
・S、Cは、新戦力が出てきているのでなんとか踏ん張れる。
・Yは、不調・戦力不足で悲惨。

?セリーグの予想展開

 現時点では、予想順位は難しいが、
 Gの存在がペナントを左右しそうな感じですね。
 Gが調子が悪いと混戦になりそうな図式が考えられる。
 Gが調子が良ければ、Gの独走にDがどう絡むか。
 で、3位争いが争点となり、
 序盤は、S、Cの争いか。
 その後、Tがどこまで盛り返すか?
 どのチームも勝てる先発が最低4人いないので、
 五割前後での争いになりそうである。

 Yは、早々に萱の外になるかもしれないという危機的状況。
 先発が開幕に合わせて調子が戻ってきていれば、
 3位争いに食い込めるかも。

 問題は、五輪期間で主力が抜けた穴をどう埋めるかで、
 勝負が決まるような気もするが。。。

拍手[0回]

 2日でキャンプが終了し、今週末から本格的なオープン戦突入ということで、
キャンプの結果を踏まえて横浜の予想をしてみた。

項目的には、
 ?今年の投手陣
 ?今年の打撃陣
 ?他球団は。。。
 ?セリーグの予想

?今年の投手陣

 今年は、昨年の手術組み、新加入組み、若手組む、昨年実績組みといるが、
手術組みは、そこそこで仕方なし、
問題は、若手組みと新加入組みがどうなるかだったけど、

 若手組みは、今年も無理そう。。。。
ということで、新加入組みの新人組み、外人組み、移籍組みで見ると、
新人の小林・桑原がオープン戦でどうなるか、外人も問題はノーコンだけど???
移籍の入来が先発で本当に使えるかが大きいかも。
この辺は、オープン戦でどうなるかだけど、オープン戦では判断しづらく
やっぱり、例年通り、実戦で投げてみないと、本当の実力の結論は出ないはず。。。

 ということで、まだまだ不明。。。。

 現時点では、◎:絶好調、○:好調、□:まあまあ、△:普通、▲:不調、×:どん底
   三浦    △
   寺原    △
   高崎    ▲
   入来    △
   土肥    ○
   吉見    ▲
   ウッド   ×
   工藤(手術) ▲

   川村    ×
   木塚    ○
   牛田    △
   横山    ▲
   山北    △
   小林    ▲
   佐藤    ×
   三橋    ▲
   桑原    ▲
   小山田   ×
   ウィリアムス×(故障)
   高宮    ×2軍
   秦     ×2軍
   那須野(手術)×2軍

  マットホワイト△
   加藤    △
   ヒューズ  ▲


 ということで、
先発は、期待の高崎・小林ともに、やはり「力む」癖が顔を出す。
まだフォームを固定できてないので我を忘れるんですかね。
ということで、今年はフォームを固める1年になりそうな。

中継ぎは、木塚は、去年もキャンプでは良かったが
今年も大丈夫ですかね。
川村は体調が良さそうだけど、実戦では悲惨と??

抑えは、ヒューズが良い時と悪いときでムラがありそうな気配で、
まだまだ不明??

?今年の打撃陣

 現時点では、◎:絶好調、○:好調、□:まあまあ、△:普通、▲:不調、×:どん底

   斉藤    ▲
   鶴岡    △
   新沼    △
   相川(手術) ×

   石井琢   ▲
   仁志    △
   村田    △
   佐伯    ▲
   石川    ▲
   野中    ▲
   斉藤秀   ▲
   藤田    ▲
   ジェイジェイ△

   小関    ▲
   金城    ▲
   内川    ▲
   ビグビー  △
   吉村    ▲
   大西    ▲
   小池    ▲
   鈴木尚   ▲


 ということで、現時点では、打線はまだまだ湿りがち。
そんな中で、ジェイジェイが戦力になりそうな気配ですね。
ビクビーもそれなりに対応できるか???は、変化球をどうこなせるか?

 心配なのは、相川が手術で出遅れそうなので、
その穴を埋められるかですね。。。

ということで、オープン戦で調子が上がるかだけど、
まあ、この打線では、心もとないが・・・

?他球団は。。。

 キャンプを終了し、怪我・故障というといころで
明暗が分かれてますね。
・G、Sは、順調
・D、Tは、故障者・不調者ありで不安。
・C、Yは、手術後・戦力不足で不安。

?セリーグの予想展開

 現時点では、ベテラン選手の状態が不明ということもあり予想順位は難しい。。。
 まあ、序盤は団子状態になりそうな雰囲気ですね。
 交流戦から明暗が分かれ、オリンピック期間に対応できた球団が
 抜け出しそうな感じでしょうか、

拍手[0回]

 今年も明日から待望のキャンプに突入するが、
まずは、キャンプ前の横浜の予想をしてみた。

 キャンプ前ということで、補強戦力だけでの予想でしか
ないが、まあ、どうかな。

項目的には、毎年同じで。。。
 ?今年の投手陣
 ?今年の打撃陣
 ?今年の守備陣
 ?今年の行け行け度
 ?他球団は。。。

まずは、
【?今年の投手陣】

 野球は、何と言っても投手陣がすべて。
これが弱いと、打撃陣がいくら強力でも優勝はまず無理。

●今年の補強面

・いなくなった人
  先発 右:チアソン、
  中継 左:佐久本、右:ホセロ、岸本
  抑え 右:クルーン

・補強
  先発 左:田中、右:小林、ウッド
  中継 左:ウィリアムス、右:入来、小山田、ヒューズ、

ということで、抑えのクルーンが居なくなったのが痛い。
他は、どうでもいい。

補強は、クルーンの替わりに小山田を獲得したが、
まあ、替りは難しいかな?
小山田が怪我からどのような状態に回復しているかだけど???

外人は、数打ちゃ当たる的な感じで沢山捕ったがどうなんでしょ?
こればかりは、投げてみないと分からないので、
オープン戦で投げてどうかだね。

新人の2名は、基礎体力と経験を踏んでからということで、期待はしない方が。。。

ということで、補強面は、去年よりは抑えがいなくなったので不安かな。

●今年の投手陣

 先発:三浦、寺原、工藤、高崎、土肥、吉見、(外人、三橋、山口)
 中継:加藤、川村、小山田、木塚、那須野、牛田、(横山、入来、山北、外人)
 抑え:マットホワイト

 ということで、去年の後半のマットホワイトの投球ができれば、
抑えは、マットホワイトで十分。なにしろクルーンは、去年の後半を見れば
いなくてもいい状態だったので、替りがいれば問題なし。
そうなると、中継ぎは、去年と同じで、ここに小山田、入来、外人が加わり
シーズン後半の落ち込みを抑えられれば、いい戦いができそう。

 先発は、三浦、寺原、工藤の3本柱がキチット投げられ、
ここに高崎がローテを守れ、さらにもう一人、勝てる投手ができれば
クライマックスも夢ではなくなる。

 ということで、キャンプ前は、戦力的には、去年と同じかな。

    ・マットホワイトが抑えをできる。
    ・高崎が先発で勝てる
    ・ローテを守れる5人目の先発が出てくる。

【?今年の打撃陣】

●今年の補強面

・いなくなった人
  内野手 種田、木村
  外野手 古木

・補強
  内野手 斉藤、ジェイジェイ
  外野手 大西、小関、ビグビー

●今年の打撃陣

 捕:相川 (鶴岡)
 1:佐伯 (ジェイジェイ)
 2:仁志 (野中)
 3:村田 (石川)
 遊:石井琢(藤田)
 右:吉村 (小関)
 中:金城 (小池)
 左:内川 (ビグビー)

 代:大西、鈴木尚

○予想オーダ

 1:仁志
 2:石井琢
 3:金城
 4:村田
 5:佐伯
 6:吉村
 7:内川
 8:相川
 9:投手

 ということで、去年とあまり変わらない。
 外人は、果たして使えるのか?
 内川は、今年もキャンプは平穏で暮らせるのか?
 佐伯は、今年はどうなんでしょ?

 なにしろ、レフトと1塁がレギュラー争いですね

 ということで、今年も綱渡り状態ですね。
 キャンプ前は、一応は去年と同じということで。

【?今年の守備陣】

 石井琢が今年は大丈夫か?。
 外野の吉村は、大丈夫か??
 ということで、これは、去年と同じでしょ。

【?今年の行け行け度】

 優勝するチームには、開幕前からオーラが漂うが、
 横浜には、今年も、ほとんどそれが感じられない。
 補強的にも、数打ちゃ当たる感じで、なんとかプレーオフ入りしてくれという感じ。
 なにしろ、???の選手が多いので、まあ期待は出来ないね。
 大型選手を補強する等をしないと、上位はなかなか苦しい。
 ということで、まあ、今年も去年と同じようなシーズンを過ごすだけか?

【?他球団は。。。】

 T:ここは三拍子揃ったチーム構成で、怪我とか不調とかが
   なければ今年もAクラスは確実。なにしろFA新井獲得が大きい。

 D:福留の穴を和田を取り、戦力も同じなので、ここもAクラス確実。
   問題は、オリンピック対策がないので、そこがどうなるか?

 S:ここは、ラミレス・クライジンガーを失ったが
   なにしろ外人補強がいいし、ドラフトで加藤・佐藤を捕ったが
   今年も上位は厳しそうでBクラス争いか。

 G:ここは、オリンピック対策で外人3人の大型補強をした。
   これだけ凄い補強をしたが、クルーン・ラミレスは落ち目な選手なので
   どうでしょうか?でも、迫力満点だが。。。。
   今年は、Aクラス確実な感じ。

 C:ここは、新井がいなくなり、打撃陣も、投手陣も苦しい。

 ということで、どのチームも、怪我、不調での戦力ダウンが不安であるが
 今年はオリンピックで選手が居なくなる球団がどうなるかですね。
 キャンプ前の時点では、G,T,D,S,Y,Cと言う感じかな?!
 
 問題は、今年もやっぱり、怪我ですね。
 一年を通して、チーム全体で怪我が少なくなく、
 オリンピック期間を戦力低下させずに乗り切り、
 新戦力が台頭したチームが優勝するでしょう。
 
 そういう意味だと、横浜が優勝する条件は、
 オリンピック対策として外人が活躍すること。
 投手は、三浦・寺原の負け数を少なくする。
     高崎の独り立ち、先発5人目の出現。
     中継ぎが崩壊しない。
     抑えの確立。
 打撃は、吉村の爆発。
     村田の不調期間の短縮。
     金城の復活。
 ですね。

拍手[0回]

 去年の6位の状況を感じるに監督・コーチが替わっても
この状況は替えられないと思っていた。

 ところが、お金がない中でフロントが最大限の努力をした。

それが、

    寺原 ⇔ 多村 のトレード
    仁志 ⇔ 小田嶋のトレード
    工藤 ⇔ 門倉 のFA移籍
    大矢 ⇔ 牛島 の監督交代

もし、上記が無かったら。

    多村の成績は、佐伯の成績より劣ってるので、戦力低下した。
    2塁は、種田が守ったので、戦力低下したかは微妙。
    門倉は、工藤より勝てないので、戦力低下した。
    牛島監督は、先発を我慢するため、逆転されて負けるパターンあり。

ということで、現状より戦力は低下したはず、まあ2006年と比べても戦力低下か。
そのため、今年も最下位争いというより、ダントツで最下位かも。

ところが、

   ・多村が抜けた穴は、佐伯がカバーし、戦力UPした。
   ・仁志が加入し、中盤までは戦力UPした。
   ・種田は、代打で活躍した。
   ・小田嶋は、特に戦力的には関係無し。
   ・工藤は、7勝したので、門倉と比べ、5勝ぐらいは勝ち数がUPした。
   ・寺原は、12勝したが、もしいなかったら、替わりは那須野だったかもで、
    その場合は、中継ぎが困ったので、多分5勝しか出来なかっろう。
    なので、7勝UPした。
   ・大矢監督は、先発温情なし、木塚を1ポイントで重要な場面で起用、
    那須野を中継ぎで起用、中継ぎを短いイニング限定で使い疲れさせない起用。
    などで、接戦に強くなった。

ということで、

    工藤で5勝UP
    寺原で7勝UP
    野手で3勝UP
    監督で4勝UP

合計19勝UPしたと思われるので、もしいなかったら、

    52勝91負1分

ということで、多分ダントツの最下位でした。

拍手[0回]

忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
[-]最新トラックバック
プロフィール
HN:
7maru
性別:
非公開
自己紹介:

バーコード
ブログ内検索
[+]アーカイブ
アクセス解析