忍者ブログ
[3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今日からマジック4の中日との2連戦。
阪神の結果次第では、浜スタで胴上げされるかもしれないという状況。

 当然、目の前では胴上げは見たくもないので、
自然と応援にも気合が入る。^^)

 相手は、苦手の吉見。横浜は、門倉。
序盤は、共にゼロの展開。
でも中日が押している感じで、なんかヤバそうな展開。

 と思っていると、ウッズの凄いライナー性のHRが出て
中日に先制されてしまった。
ウッズのHRだけは見たくもないが横浜の投手陣は、良く打たれる。

 で、さらに中盤にも1失点し、0−2と2点のビハインド。
相手の吉見は、スライダーを低めに落としてくるので、
横浜の選手は、ボールの上っ面を叩いて内野ゴロの山。

 はっきり言って、「非常にヤバい展開ーーーだよ」

ところが、その好投の吉見をなんと6回で替えてくれた。
「うっそーーー、これは横浜にとっては有り難いことです。」
中日のリリーフ陣は、横浜はそんなに苦手意識はない。
なぜなら、変化球主体よりもストレート主体の投手が多い為。
でも、変化球主体で来られると駄目だけどね。。。^^);;

 7回裏から、中継ぎで変化球投手の鈴木が出てくるのかと思いきや、
ストレート主体の平井が出てきた。でも平井の出来が良く打てない。

 8回裏は、9番からの打順で、当然代打起用。
中日は、1番からが左からの打順ということで、
敢えて左の変化球主体の小林を出してきた。
ここでも鈴木と思っていたが、小林とはちょっとナメテない。。^^)

 ということで、横浜も代打の切り札、左の鈴木尚を敢えて起用。
その尚典、まん中低めへちょっと変化する球をキッチリ捕らえて、
左中間にヒット。

ここから石井琢、藤田と倒れて、2アウト1塁で、
今度は、右の岡本に交代。

 なんとか村田まで繋げば、3ランで逆転する気もするので、
内川に、期待を込めて声援を。。

 で、その岡本、3番内川に、なんとストレートの四球。
「おおおーーー、これは、ひょとすると、ひょっとするかも」と思っていたら、

村田への初球。
「うわーーーーーー、やったーーーーーー!!!逆転だーーー!!」
と物凄い弾丸ライナーが左中間スタンド上段に陣取る中日応援団
めがけて飛んで行った。

もう、ライトスタンドは、ハチャめちゃな騒ぎでした。

このホームランには久々に感動したよ。
なにしろマジック4の相手に、土壇場8回裏2アウト、スコア0−2からの
逆転3ランだもんね。相手は、相当ショックだろうな。。。

拍手[0回]

PR

 >> 心配は、過去の例でも、調子が良いときこそ、怪我をする。
 >>去年もそうだったが、交通事故という信じられないことも起こす分けで、
 >>今年は、既に怪我で1ヶ月も戦線離脱しているので、
 >>今後は、もう怪我だけはしないでと、祈るだけですね。

 と祈ってたんですが、やっぱり駄目でした。。。。トホホ。。。

 今年の多村は、怪我のオンパレードだけど、まあ、いつもと同じなんですが。
でも、多村が怪我なく試合に出れれば、とても凄い選手なんですよね。

 開幕当初は、WBCからの不調で体を壊して不振。
で、怪我して4月中旬に登録抹消され、
1ヶ月して戻ってきたら、4試合連続でHR。

 と思っていたら、再び左脇腹痛め、不振になり、
この前、センターライナー捕球しようとして斜め方向に
前進して、行き過ぎて、すぐさま戻った時に足首を捻挫し、
その後、2試合遠ざかっていた。

 で、帰ってきて、第1打席にヒット打って打者になり、
続く佐伯の右中間2塁打でホームへ突入。
返球が速く、完全にアウトのタイミング。
まともに行くと、ベースの手前で捕手にタッチされる。

ところが、なにを思ったのか、捕手の横を綺麗に、それも体は無防備の状態で
スライディング。普通に考えてもありえねえが。。。

 当然、捕手が返球をキャッチして、そのまま体を回転させてタッチに。
この時、スライディングしてきた多村の左脇腹に捕手の膝が食い込み、
肋骨を4本骨折。で、前半戦絶望に。。。ああっ。。。

 ここまでくると、もう、笑っちゃうしかないですね。
まあ、なんとも言えん。。。。

 そんな多村。多分、一生懸命プレーをする性格で
その結果どうなるかというのを考えずに、目の前のことを
全力でやっしまうタイプなんでしょうね。

 普通なら、あの状況でまともに行ったら、アウトの場面で
なんとか捕手のタッチを避けてホームにタッチしに行くと
思うが、多村は違うんですね。。。多分ホームしか見えてないのか??

 今までも、幾度となく怪我をしてきて、これでもか、これでもか
ということなのに、その経験が生かせないとは、プロとして失格ですね。

 怪我をしないようにするには、なにしろ後のことを考えずに
行動するのを止めることだと思うが。。。どうだろう。。。

拍手[0回]

 今日の横浜−ソフトバンク戦の9回裏1アウト1塁で、多村の打球が3塁線に転がったようで、
3塁塁審がファールのコール。それを見て多村は1塁の途中で走るのを止めた。ボールは、
5−4−3と転送された。で、なぜか、ゲッツーでゲームセット。
みんな、唖然ーーーーーー。

 で、球審の渡田は説明し、3塁塁審がファールのコールをしたが、
3塁ベース上を通過したと判断し、ゲッツーが成立したと。

この説明では、当然分けがわからんですよね。
浜スタは、当然横浜ファンが怒り出して、ゴミはグランドに投げ込まれるわ、
お客さんが場内に乱入するわ、試合終了のアナウンスがあっても納得しないお客さんは
帰らないわ、浜スタが騒然となりました。

 ここで、野球規則では、
「9・00 審判員
 9・02 審判員の裁定
 (c)審判員が、その裁定に対してアピールを受けた場合は、最終の裁定を下すにあたって、
  他の審判員の意見を求めることはできる。
  裁定を下した審判員から相談を受けた場合を除いて、
  審判員は、他の審判員の裁定に対して、
  批評を加えたり、変更を求めたり、異議を唱えたりすることは許されない。
 【原注】ハーフスイングのさい、球審がストライクと宣告しなかったときだけ、
     監督または捕手は、振ったか否かについて、塁審のアドバイスを受けるよう
       ・・・
 9・04 球審および塁審の任務
 (a)アンパイヤーインチーフ(通常球審と呼ばれている)は、
  捕手の後方に位置しその任務は次のとおりである。
   (3)通常塁審によって宣告される場合を除いて、
        フェアボールとファウルボールを宣告する。
   (5)通常塁審が行なうものとされているものを除いたすべての裁定を下す。
 (b)フィールドアンパイヤーは、塁におけるとっさの裁定を下すのに最適と
  思われる位置を占め、その任務は次のとおりである。
   (1)特に球審が行なう場合を除く塁におけるすべての裁定を下す。
 (c)一つのプレイに対して、二人以上の審判員が裁定を下し、
  しかもその裁定が食い違っていた場合には、
  球審は審判員を集めて協議し(監督、プレヤーをまじえず、審判員だけで)、
  その結果、通常球審(または、このような場合には球審に代わって解決にあたるように
  リーグ会長から選任された審判員)が、
  最適の位置から見たのはどの審判員であったか、またどの審判員の裁定が正し
  かったかなどを参酌して、どの裁定をとるかを決定する。」

とあるので、まず、
  ?ファールの裁定は、3塁塁審の裁定である。9.04(a)(3)(5),(b)(1)

もし、この判定を球審が塁審が間違ったと判断し、インプレー中に
球審がフェアーをコールした場合。
  ?9.02(c)の点で勝手に塁審の裁定を変えてはいけない。
  ?9.04(c)の場合は、球審がファールの判定をすることは間違いなので
   この項目には該当しないはず。

ということで、?で、塁審の判定にアピールを受けた場合というのは、
当然、王監督からアピールはない。ので、アピールするとすると、3塁手は出来ないので、
誰が。。。。球審がアピールしたの???出来るの???

ということで、おかしいでしょ。。。渡田さん。。。。

拍手[0回]

 横浜にとって得点源は、なんと言っても多村の存在が一番。

その多村が、開幕から体調を崩して、絶不調。
そして、怪我して1軍離脱。
と、横浜に得点源のポイントゲッターが不在で開幕したから、
投手が頑張っても勝てない。で仕舞いに借金地獄にハマッてしまった。

 途中から村田がなんとかカバーしていたが、その村田の調子も長くは
続かず、ついに借金は、最大16まで膨れあがってしまった。

この危機的状況で、ついに多村が1軍に戻ってきた。

 そしたら、毎試合、試合を決定付けるホームランをかっ飛ばし。
その間、チームは3連勝。投手陣も、良くなってきたことも効いているが、
やはり多村の存在が大きい。さすがに多村は、横浜にとって偉大な存在です。

 心配は、過去の例でも、調子が良いときこそ、怪我をする。
去年もそうだったが、交通事故という信じられないことも起こす分けで、
今年は、既に怪我で1ヶ月も戦線離脱しているので、
今後は、もう怪我だけはしないでと、祈るだけですね。

拍手[0回]

 2000本安打まで残り39本で、今シーズンに突入し、
序盤は好調で、残り数も確実に減らして行っていたが、中盤から不調になり、
一時はどうなるかと思われたが、4月後半から再び好調になり
五月連休を終えて、残り5本となって、9日からの横浜での楽天3連戦を向かえ、
一気に達成ムードが盛り上がった。

 初戦は、2安打し、残り3本。
 第2戦は、2本を打って、残り1本となり、試合も延長になって、
俄然2000本安打が打てそうな感じで、9回には打てず、
そして11回裏に、1アウト満塁で、鶴岡。ここは当然鶴岡なら打てるはずが、
やはり鶴岡打つことは出来ないですよね。この状況で。
ということで、三振に倒れ、石井琢の場面だったが、最後は2−3からサヨナラ押し出し。

 ということで、第三戦は、雨で中止の公算が大きかったが、
なんと雨が上がってくれた。そしてスタジアムには、ライト外野、1塁側内野自由には
立見の満員状態。

 この中で、第1打席。いきなりセンター前に抜けるヒットでついに2000本安打達成。
おめでとう、石井琢選手!!!

 このときは、バックスクリーンから大きな音響と共にブルーのテープが
ドカーンと打ち上げられました。

 でも試合には負けたけど、楽天の好意で楽天側のヒーローインタビューが無く、
石井琢の2000本達成のお話がありました。

 この中で、試合に負けたのが悔しいが、2000本の話になると
帽子を深々と被りなおしたりしながら、こみ上げる涙をしきりにこらえながら
話していたのが、印象に残りますね。

 ということで、2000本安打、おめでとう!!

拍手[0回]

忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
[-]最新トラックバック
プロフィール
HN:
7maru
性別:
非公開
自己紹介:

バーコード
ブログ内検索
[+]アーカイブ
アクセス解析