忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やっと家のローンが完済したので抵当権の抹消登記申請をしなくては行けないとのこと。
会社から以下の資料が送られてきた。

・抵当権設定契約証書 2通
・抵当権解除証書 2通
・委任状 2通
・代表者事項証明書(資格証明) 1通(原本)

で、手続きの内容を見ると、

①司法書士に頼む。
②自分で法務局のHPを見て申請する。

の方法があると。。。。。

①は、いろいろ調べると結構費用(1件15,000円とか)が掛かる。
②は、申請書は1枚見たいだが、何かややこしい感じがしたが(語句の意味が分からん)。。。

ということで、①に聞いてみたが、書類を郵送しなくては行けないので
面倒だしさらに費用も掛かる。

そこで、最終的に難しそうなら①ということで②を調べてみた。

まずは、今回申請するのは何があるのか?

1)以前の登記時の住所が現在と異なる(と思っていた)。
2)ローンを別なところから2種類借りていた。

まずは、申請書を法務省のHPからダウンロード。
⇒敵を知らなくてはどうしようもないので。
⇒申請書様式の他にも書き方の説明も書いてあります。

2)は、「登記事項証明書」が必要で、ここに書いてある内容通りに記載する必要あり。

ここで「登記事項証明書」は、有料でネットでも入手可能。
⇒しかし、良く良く調べると、登記済証(権利書)でもOK。
⇒これを添付すれば、この費用は無料になる。

1)は、説明から抹消登記の前に、まずは住所変更登記が必要であるとのこと。

登記済証に記載の住所には、なにやら「字」とか書いてある。
昔の住所には「字」などない。。。。
⇒役所と法務局では、住所表記が異なるようです。
⇒なので、気にしない。

昔の登記時の住所と現在の住所が違うのは、役所が住居表示を変えたから。
⇒この場合は、役所で「住居表示実施証明書」を貰い申請書に添付すればよい。
⇒この場合には、申請手数料は、無料とのこと。⇒やった!!!

ということで、住所表示変更の登記申請書は簡単に作成できた。

そして本丸の2)であるが1)で申請書を書いたので、
・不動産表示の土地と建物の表記は、既に書いてあるからコピーすれば良い。
不動産番号は、「登記事項証明書」に書いてあるが入手してないので、
土地、建物をそのまま登記済証から一字一句同じ漢字でそのまま記載した。

・権利者欄は、妻も持ち分があるので、二人分記載必要。

・2)は、抵当権設定日が同じであれば、1部で済む様な事がネットに書いてあった。
 しかし、心配なので提出する法務局に電話で問い合わせたら、
 原因(抵当権解除日)が違えば、別々に作成する必要があるとのこと。
 ということは、2000円(土地と建物で)×2部=4,000円掛かります。

・ところが、添付情報欄に記載する資格証明情報が1部(原本)しか貰ってないので、
 これも、後追いで法務局に聞いたところ、2部目は以下のように記載して下さいとのこと。
資格証明情報(前件添付)

ということで、30分ぐらいで作成できた。

1)住所変更登記

1-1)登記申請書
1-2)住居表示実施証明書

2)抵当権抹消登記

2-1)登記申請書
2-2)白紙
2-3)委任状
2-4)登記済証
2-5)抵当権解除証書




これを持って午後休みを取り法務局に行ってきた。

・順番待ちの紙カードを取り待っていた。
 順番のカード番号から約30分に一人ぐらいの間隔のようだ。
 ここに来る方は、司法書士に頼まずに自分で処理する方だが
 いろいろややこしくて、時間が掛かっているようだ。
・やっと自分の順番が来るかと思ったら、なかなか呼ばれず、
 署員の方が担当してくれました。
・さすがに相談員とは違い、事務的に処理してくれます。
・で、申請書をまずは端末の方に持って行き、住所は新しい表記に変更してありますと。。。
 どうも1回目の抵当権が完済した時に住所変更していたようだ(記憶なし)。
・これは申請書を再提出かと焦ったが、
 申請書の昔の住所記載のところを書き換えれば良いとのことで、二重線を引いて新しい住所を追記した。
・次に登記済証だが、これは家から「登記済証(権利証)」を持って行ったが、
 署員「これは重要な書類なので違います。銀行から預かった抵当権設定時のものです。」
 ということで、混乱したが、会社からも送られてきた「抵当権設定契約証書」を見せたら
 「これです」とのこと。ネットで調べたが「登記済証」は良く分からないですね・・・
・最後に「申請書のタイトルに「根」付けてもいいですか」とのことで、
 間違っていたのかな???「ハイ、いいです」で、署員の方が追記して完了。
・最後に収入印紙2000円を2枚目に貼って申請書窓口に提出して完了でした。
・「特に連絡が行かなければ、3日以降には出来上がっていますので、書類を取りに来て下さい。」

ということで、あっけなく終わり、3日後に無事登記が完了しました。

そのため、専門家に頼んだ場合のお金が浮いたので、撮影旅行に行くことにしました。

拍手[0回]

PR
以前悲惨なギックリ腰になり日記に書きましたが、
その後もギックリ腰の繰り返し、さらに半月版損傷にもなり、
今は走る運動が出来ていません(ただし歩くのは問題ありません)。

 で、やっと根本的な改善が出来つつあるかもです(と思っている)。
ということで、自分の腰痛の症状と治療経緯を纏めてみました。
あくまでも自分の腰痛での話しなので、他の方にも当てはまるかは分かりません。

腰痛は、整形外科教授からしても80%~90%が原因不明とのことです

自分の場合は、病的なものは無く、原因不明の腰痛(再発するギックリ腰)でした。
ギックリ腰を初めて経験したのは、2004年の左膝靱帯損傷した後です。
それから、毎年のようにギックリ腰になり、特に2011年から頻発しました。

 で、自分の場合のギックリ腰の症状は、以下の3パターンでした。

①右腰の後側の背骨の横の筋肉が張り、そこを中心に腰が固まる場合。
②左腰の後側が中心に、立っていると腰が固まる。寝ていると問題なし。
③左腰の後側の骨盤との境が痛くなり、そこを中心に腰が固まる。

①は、2005年ぐらいから年1回出てきて、2011年からは回数が4回年ぐらいに。
②は、多分2010年の山下りの階段で尾てい骨にひびが入ったことが原因か?
③は、②が影響したのか?②が治ってから症状が出てきた。

初めは、整形外科に行ったが湿布だけ貰い、家で1週間休養するだけで完治。
しかし、②は1週間でも治らず、3週間ぐらいして動けるようになったが
不安定だったので整体治療を実施。二つ目の整体院で一発で完治。

しかし、その後①、③が出てきたが、②で治った整体院でも一時は楽になるが
根本原因は改善できず。ということで、整体院は4つぐらいに行った。

で、①に関しては4つ目の整体院で全く楽になった。
ところが、半年後にも再発したので根本原因としては治ってなかった。

ということで、今年7月に①で悲惨な感じになったので4つ目の整体院に行こうとしたが
混んでいて1週間以上も待ちなので、仕方なくネットで調べると、
根本原因が詳しく書いてある整体院があった。自分でも原因を考えていたので
これにピッタリ合っていたので、5番目の整体院に思い切って行ってみた。

 施術は簡単。自分でも出来きます(セルフ整体)。
で、原因は筋肉。これが固まっているのを柔らかくするだけ。
実際に施術してもらい、これを実感。人間の体には、このような機能が備わって
いるんですね。ビックリです。

 ということで、施術後、以下のことを言われた。
①当日はお酒を飲むと、普段より酔い易くなる。
→確かに350mlの氷結1本で大分気持ちよくなった。
②次の日は、体がダルくなる。
→痛かったところも含めダルさと痛みがあった
③2,3日後によくなる。
→3日後に良くなった。

ということで、腰痛は良くなったが、その他の部分も長年の疲労で
筋肉が固くなっているし、左膝靱帯損傷と半月板損傷で膝が固まっている
しで、この辺も含めて2ヶ月間治療し、膝の固まりも無くなった。

今までは、階段を下りるときは、膝がスムーズに動かないので
左膝を上に持ち上げる感じで下るため、早く下れない。

それが、膝周りの筋肉が柔らかくなったので膝がスムーズに
動くようになった。で、階段もスムーズに下れます。

ただし、今まで固まっていたのは、靱帯損傷で前十字が緩いので
ガックン(膝が少しズレて衝撃が走る)を筋肉を固くすることで抑えていたのかも。
それが柔らかくなったことで、時々膝を捻ると骨が当って衝撃が走る。

ということで、①②は治ったが、今回③が再発。
③は整形外科的には、仙腸関節障害と呼ばれています

ということで、これに関しては二つ目の整体院では仙腸関節がズレ易くなっている
ということだったので、②が原因で③になったのかとも思い、治らないのかとも。

で、5つ目の整体院に行ったところ、まだ筋肉が炎症を起こしている段階では
症状のあるところは施術出来ないとのことで、その周りを施術してもらったが
本丸は不安定。で、炎症が完治後行って来た。

 そしたら、嘘のように改善。自分の場合は、やはり筋肉の固まりが原因だったようです。

ということで、これでやっと辛い腰痛からは解放されるかも。

ただし、長時間座ったままの姿勢でいると、また筋肉が固まるので再発も考えられるが
今度の施術でこれを緩める姿勢が分かったので、自分でも回避出来そうです。

ただし、腰痛の原因にはいろいろあるので、これが他の方にも適用できるかは分かりませんので
詳細を書くのは控えておきます。

拍手[0回]

WindowsXPのサポートが今年の4月9日で切れたが、
その後、深刻な脆弱性問題に対しての特別な更新プログラムが提供されたが、
その後も非公式なのでしょうか、時々更新プログラムがインストールされています。

 で、今日も突然PCが遅くなり出したので、タスクマネジャーで調べるとMRT.exeがCPUを食っている。
何かと調べると更新プログラムに関係しているようだ。ということで、再起動したら、
更新プログラムを2個対応中と。これが長かった。。。。。。

 まあ、MSもリスク回避のために裏でもがいてますかね。。。。

WindowsXPは、ネットブックPCで使っている。なにせWiMAXで使っているので、
軽量で便利なのだが、これをWindows8にはUPDATEできない性能なのでXPのままで使っている。

他にWindows8で画像編集用のPCを新しく買ったが、こちらはネット接続無し。あくまでも画像編集用です。
ということで、こちらは起動するたびに  xx警告メッセージが出てくる。
今どきのPC/ソフトはネット接続前提で作ってあるのでしょうね。

拍手[0回]

前回の日記で国土地理院の最新タイル仕様(電子国土WebシステムVer.4)に対応した構成に
HPを書き換える作業を行っていると書きましたが、やっと本日、全面リニューアルが完了しました。

 最後に苦労したのが、尾根・沢当てゲーム。

解答後、尾根線をすべて表示しているが、これを国土地理院の最新仕様で作成するが、
非常に沢山の尾根がある場所を、ひとつひとつ尾根線を書き出していく作業がかなり大変だった。
いやーーー非常に疲れた。

 さらにkmlファイルが100KB越えると、電子国土の作図画面で読み込みエラーになるので、
この原因が分かるまでいろいろ悩んで、とても時間が掛かった。

ただし、HPで表示するのはそんなに時間が掛からないので助かった。

 ということで、なんとか公開できた。



と思ったら、今度はIE8でGoogle MapのHPを見てみたら、
なんと、以下のエラーが。。。。青ざめた。。。。

「このコンテンツはフレーム内で表示できません
この Web サイトに入力する情報のセキュリティを保護するため、このコンテンツの発行者はフレーム内での表示を許可していません。
対処方法:
このコンテンツを新しいウィンドウで開く」


Chromeでは問題なく表示されているし、以前はIE8でも表示されていたので、
????

で、新しいウィンドウを開くをクリックし、そしたらログイン画面が出てきたので
ログインし、大きな画面を表示後、これを閉じて、再び表示させたが駄目で、
別な画面を表示したらOKでした。で、再び戻って表示したらOKでした。
何か、やってる???



でやっと安心。。。さらに疲れたーーー。


ということで、今回は、尾根・沢の初心者の問題で、アクセス解析を見ると、
かなりの方が出来ていない。。。。。


そこで、メジャーな場所で簡単な(と思っているが。。。)エリアの問題を2問追加した。

これの正解率も悪いと、どうしよう????

興味のある方は試してね。

尾根・沢判定テスト(超初心者の問題:白馬八方池)


尾根・沢判定テスト(超初心者の問題:西穂高山荘)

拍手[0回]

読図のHPを立ち上げて、そこで使う地図は、国土地理院から承認を受けたものを載せているが、
これの期限が3年なので、今年11月には再度申請する必要がある。単に前回同様に申請すればいいのだが。

 で、国土地理院のHPを見てみたところOpenLayersの仕様でGoogleのようにHP内に地図を表示できるとのこと。
ただし、どうやってやるのかは、よく分からなかったので国土地理院に質問してなんとか使えそうな感触を得た。
ということで、最新のタイル仕様に対応した構成でHPを去年から徐々に書き換えてきた。
ただし、地図の枚数が多いし、いろいろな処理を加えているので、これにプログラムを変更するのが大変だった。

で、やっと目途が立ってきた。
これが対応できると、地図を購入する必要がなく、また少ない時間でどんな場所の地図ゲームも
作れてしまうので、これが大変便利。そして申請をする必要もないので楽になる。

 なんとか最終テストをして公開に漕ぎ着けたいですね。

拍手[1回]

忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
[-]最新トラックバック
プロフィール
HN:
7maru
性別:
非公開
自己紹介:

バーコード
ブログ内検索
[+]アーカイブ
アクセス解析