忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 野球観戦もなくオフは暇なので、
第2段のゲーム作成をすることにした。

じゃ何を作るかだけど、当然野球ゲームということで。
そこで、本格的な野球ゲームを作るかとも考えたが
それはちと無謀すぎるということで、即座に断念。

で、構想的には、135試合全部やりたいねという発想で、
ではどうやれば出来るかを考えた。

本格的なゲームだと、攻撃側と守備側でいろいろ作戦ねって
ゲームするけど、そんなことやってたら、135試合も出来ない。

そこで、小さい頃の野球盤的な発想で、攻撃側のみやる。
で、1イニングをまともにやっていては、時間掛かるので、
もっと簡単にできないか考えた結果。

そうだ、イニング毎の点数をくじで引くイメージが頭に浮かんだ。

これから、10×10の升目から、各イニング毎にひとつ選んで、
そこに得点が書いてある。その結果をスコアボードに表示する。
という基本案が出来た。

そこでこの案を、見た目の面白さと、リアル性を加えていった。

まず、見た目だけど、
升目にはボールを配置して、選ぶとボールが回転して、
止まると、結果が表示されるように考えた。
さらにスコアボードも表示しよう。

次にリアル性は、
135試合と言っても、当然セリーグだけだけど。
そのなかで自分の好きなチームをまず選ばせて、
そのチームの日程どおりの試合を行う事とし、
それ以外のチームの試合は、自動で行うことにした。

さらに、現実の日程は、雨で試合が中止になるため、
現実の試合日程も随時更新して、その時点のスケジュール
からゲームが始められるようにもした。

注)次の年から、パリーグも加えたが、現実の日程は
  興味ないので対応はしてない。。。

これにより、シーズン終盤に優勝争いしているときに、
今後どうなるかを予想してもらう面白みも想定。

また、新聞に掲載されているような順位表も表示した。
この中で、マジックも当然表示することとした。

注)あと途中から勝敗グラフも表示できるように対応した。

また、135試合は長いので、クッキーを用いて
途中時点までを保存できるようにして、
続きを再開できるようにした。

で、構想が決まったので、12月の中頃から製作を開始。
基本構造は1週間で出来たが、

一番苦労したのは、得点の割り振り方。
何も考えずに得点を割り振ると、すべて打撃戦になったので
こりゃまずいということで、

得点の割り振りには、3パターンを用意した。
?打撃戦、?投手戦、?普通の試合。
で、この3パターンの割り振りおよび得点頻度は、
1999年の横浜の実際の試合を調査して、
その割合をもとめ、その割合で制御した。

また升目への得点の配置は、上記のパターン毎の得点頻度を
テーブル化しておき、その得点を乱数で升目に配置し、
残りは0点にした。

あとは、マジックの制御がちょっと苦労したがなんとか出来て、
ついでに結果のコメントに。試合展開を考慮したコメントを付けた。
すなわち、逆転勝ち、完封、打たれ過ぎ、サヨナラ等のコメントを
試合の展開を覚えておいて、適切なコメントを出した。

で、冬休みに集中的に作成して、お正月に公開で進めたが、
ここで大問題が、Netscapeだと、途中でブラウザがフリーズしてしまう。
調査した結果、スコアを3試合分表示するので、
レイヤを多量に使用しているが、これが沢山あると、Netscapeはバグで
死んでしまうようだ。ということで、Netscapeは公開中止に。^^);;;

でなんとか、紅白歌合戦がやっているときに最後のテストを行い
お正月公開に間に合いました。

で、ゲーム名は、「ペナント競争」に決定。

その後、試合数および、優勝決定ルールがころころ変わり、
その都度、プログラムに追加して行ったので、疲れた。

でも2005年から1リーグ制にでもなると、
チーム数が増えるために、大分プログラムいじる必要がありそうで
あああーーー困った。^^);;;;;;;;

で、もっと詳しい開発秘話がNewGameWebメールマガジンにあります。

拍手[0回]

PR

 掲示板でJavaScriptが使えるということで、
ちょっと面白いこと出来ないかなと思っていろいろ考えてみて、

今月は12月ですね。そう街中はクリスマス気分。
じゃ、サンタさんですよね。
ということは、サンタさんが掲示板の中を飛びまわって貰うのは
受けそうね。でも待てよ。それだけじゃ芸がない。

そう、サンタとくれば、ジングルベル。
同時にクリスマスソングも鳴らしちゃおう。

ということで、掲示板にジングルベルと共にサンタがやってくる
という企画を考えて、即実行に。

まずは、サンタのイラストは、さすがに自作できないので、
素材サイトを見てまわり、今回の企画に合った
トナカイが引いたソリに乗ったサンタのイラストに決めた。

で、このサンタを掲示板の中を飛び回る処理をJavaScriptで
作ってみた。単に直線的に動かしたのでは、感じが出ないので、
上下に波を打つように動かしたら、なんとなく感じが出てきた。

次に、音も自作無理なので、midiの素材サイトを見てまわり、
これはヤマハのHPに無料素材があったので、それを使わせて
貰った。で、ここにクリスマスソング以外にもいい音楽が
あったので、その中から掲示板に合いそうな曲も使わせてもらった。

それと、曲を自作できないかと、いろいろ調べたら、自動作曲なる
ことが出来るとのこと。それじゃと試してみた。まあ、様になってる
のは出来たのかな?

あと、お正月には、凧が飛んで、琴の音が鳴るのも、作ってみた。

このサンタの掲示板には、結構いい反応がありました。^^)

拍手[0回]

 某県内のIT技術関係でHPコンテストがあることを知り、
さっそく、アクセスUPも期待して、応募することに。

コンテストの分野が2分野あり、1.一般と、2.Web技術
で、2の技術分野で行くかどうか迷ったけど、協賛が
FLASHメーカなので、おのずとFLASHを使った
HPを期待してのことかなと思い、1.一般で応募した。

 応募するに当たって、現在のHPでは、なんとなく
物足りないので、ユーザビリティを強化することに。

でいろいろ考えて、以下の2点で行くことにした。

1.ソフトメニューの導入。
2.トップ画面をマルチサイズ画面対応に。

まず、1.ソフトメニューは、

なにしろ、年代毎にコンテンツが増えていく構成になっているため、
年が経つにつれて、コンテンツの選択が複雑になる。

また、各ページに進むと、そこから他のページへ行くのは、
一旦トップページまで戻ってから進むことになるので、
操作が大変だし、時間も電話代も掛かる。

そこで、考えたのがPCでも使われているソフトメニュー。
これを各ページの頭に配置し、各ページから任意のページに
飛んで行けるので、操作性は格段によくなるはず。

操作性としては、

PCでは、まずウィンドウ上部の固定位置のソフトメニュー上を
クリックして、プルダウンメニューを出して、目的のものを選択するが、

HP上では、ソフトメニューを配置しても、固定にするのは、
表示領域を狭めるので論外。そのため、スクロールすれば、
どっか行っちゃうので、PCのように、ソフトメニュー上で
クリックするというのは、初めて来た人には、分からないはず。

で、ソフトメニューの上にマウスが乗ったら、プルダウンメニュー
を表示する方式を考えた。

あとは、これをどうやって実現するかだけど、まずIEでもNetscapeでも
動かすことを考えると、テーブルを使ってはどうもできなそうなので、
レイヤで作ることに。一応、ゲーム等で経験済みなので、
簡単に作れると思ったが、

これが難題。まずメニュー内に表示する文字の書式をCSSで
指定するが、これがよく分からない。で当然IEとNetscapeでは
挙動が違うので、この問題を解決するのが大変。

さらにマウスイベントを取得しながら制御しているが、
マウスを素早く隣の項目に移動するとか、ゆっくり移動するとか、
、するとマウスイベントが来なかったり、
順番が入れ替わったりとかあるので、
この辺は、フラグ制御とタイマ制御でなんとか
おかしくならないように出来た。

まあ、試行錯誤しながらなんとか動くものを作った。

さらにどうせなら、画像を使わずにボタン風に見せたい
ということで、ソフトメニューを5段階のレイヤ構造にして
位置を少しづつずらしながらボタン風にみせられた。

ところが、すべてボタン風に表示すると、100MHzクラスの
PCでは表示が凄く時間がかかる。ということで、
ボタン風に表示するのは止めました。T T);;

ということで、かなり素早く表示してくれるのが出来ました。
一応満足ということで。

拍手[0回]

 もうひとつコンテスト用として作ったのが、
PCの画面サイズを判断してトップページのフォントサイズを
最適な文字サイズで表示すること。

これは横640サイズのノートPCを使って作っていたので
それを1024サイズのPCで見ると、かなり小さく見えるので
いっそのこと、横の画面サイズが変れば、それを判断して、
最適なフォントサイズに変更して表示することを行った。

まあ、CSSの勉強してて、JavaScriptでCSSを変更する
ことが出来ることをMSのサイトで知ったので、この練習なの
ですが。。。

その結果、レイアウトは崩れずにフォントサイズだけ可変に
表示されるので、まあ、まともかな
でも大きなサイズはさすがにダラシナイ感じかな。

まあ、こういうテクニックを使ってるページは見たことないので
面白いとは思うが、やはり画像とかでレイアウトをドット単位で
細かく作っていると、こういうことは出来ないよね。

当サイトは、テキスト中心で作っているので、可能だけどね。

ところで、コンテストの結果だけど、
1.一般に沢山エントリーがあり、
2.Web技術にはあまりエントリーがなかった。

で、紹介文に、協賛会社のFLASHの悪口的なことを書いたので、
見事に第1次で落選でした。まあ、JavaScriptの方がプラグインも入らなく
直ぐ動くので快適だよ的な事を書いたので、目にとまりましたかね。^^);;

一般エントリーだったので、やはり某県内のHPコンテスト
ということもあって、ビジネス中心で個人HPの評価は低いのは仕方なし。
2.Web技術にエントリーしておけばよかったかなと、
ちと後悔先に立たず。^^)

拍手[0回]

 次に、ゲームに挑戦ということで、何をやるか考えたが
当然野球関係のゲームを前提として、なにしろ、ちまたに
あるゲームやプレステのゲームを見ていると、
上下左右のボタンで操作するので、実際のイメージと
全くかけ離れたゲームの操作性になっている。

これが気にくわなくて、どうしたら実際と同じような
イメージのゲームが出来るか考えていたら、結論として
やっぱマウスで操作するのが、一番しっくりくることに。

というわけで、マウスで野球ゲームということで、
まずは、ノックのイメージが湧いたので、これを作ることに。

基本は、マウスをグラブにして、ボールを投げて、
それをグラブを動かしてキャッチする。

で、グラブを動かすのに、どうしたらイメージ通りか考えて
普通ゲームで使われている、マウスを動かして、
キャッチするときにクリックする方式だと、
キャッチする感覚がなーーーーーーい。

そこで、逆にドラグしながら動かして、キャッチする時に
マウスを離す方式だと、イメージにぴったりということで、
この方式で作成することにけってーーーーーい。

ということで、基本構成が決まったので、まずは、
マウスをドラグしてボールを掴むところを作ったが、
これが思うようには行かない。

 JavaScript1.2の使い方もまだ修行中の身だし、
JavaScript1.2自体にも問題があり
それを回避する手段を考えなくてはいけないしと、
まあ、いろいろ試行錯誤もあり、なんとか基本形を
作った。でも疲れました。

基本形が出来れば、あとはゲーム性とか、表示の飾り
付けの部分は、既にYB関係のもので一応経験している
機能を使うので、単に作って行くだけのため、
スムーズに運んだ。

この辺の開発秘話はNGWサイトのメルマガに書きました。

ということで、ゲームの名前は「1000本ノック」に。
そしてノッカーは、デザインの才能がないので、適当に
作ったけど、髪の毛なんか小さなマスにデザインするの無理だよ
ってことで、いっそハゲにしちゃいました。
そしたら、顔は似てないけど、誰かさんみたいになっちゃった。^^)

そして、Webの仲間や友人に頼んで、テストしてもらい、
まあ、なんとかまともになったので、JavaScripゲームの普及作成支援を
行っているNGW(New Game Web)に登録しました。

まあ、このような絵を使った動きのある本格的なゲームは初めてだったけど、
出来としては単純で分かり易いのが出来たんじゃないかと、
まあ、自分なりに満足したかな。。。。

拍手[0回]

忍者ブログ [PR]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
[-]最新トラックバック
プロフィール
HN:
7maru
性別:
非公開
自己紹介:

バーコード
ブログ内検索
[+]アーカイブ
アクセス解析