忍者ブログ
[779] [778] [788] [777] [776] [775] [774] [760] [773] [772] [771]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 PIXTA以外には、管理も大変なので登録しないつもりだったが
PIXTAのUP写真枚数に制限がある為、アップ出来ない状態が続いたので
暇なため、他サイトにも目を向けた結果。

iStockPhotoというサイトが、登録前に審査があり、これがとても厳しいと。

ということは、自分の写真技術を磨くにはいいかもと挑戦した。

初回(1回目)審査は、写真技術を見るのだろうという思いで、それなりの写真をUP。

→クリスマス休暇もあり時間が掛かったが、結果NG、3日後に再アップと。

→この時点では、3日後ということで、期待されているのかもと勘違いしてた。

2回目審査は、1/1に昔撮影した風景写真をUP。

→これはかなり自信があったが、2時間後に即NGの通知が。1週間後に再アップと。

→フレッシュな写真とあるので、「審査結果メール後に撮影した写真をUPしな」ということかも。
 そんなに甘くはないと感じた。

3回目審査は、1週間後に実家等で撮った撮り立て写真などをUP

→即NGはないが、2日目にNG。今度は14日後に再アップと。

→写真技術の力をみるんだろうということで、ストックフォトに適したものでない写真をUPしたが。。。

→ということで、どのような写真をUPすればいいのか良く分からない。→かなり混乱。

→でも、カメラ技術UPの為に、審査は継続した方がいいね。

4回目審査は、2週間あけて横浜の街で撮った風景写真中心でUP。

→今度は、前回の写真技術はNGなので、ストックフォトに適したつもりの写真をUPした。
 つもりなので、自分の中では最適だったが。。。

→またもやNG、30日後に再アップと。
 確かにストックフォト的とは言え芸術作品的な要素があるので、駄目でしたかね。。。

→メールの内容は、初回審査からすべて同じで、技術マニュアルのページをリンクしている。
 内容は、写真撮影の基本なので、特に今さら習うようなことでもないが。。。
 ただし、DPx1のカメラ自体では、マニュアルに記載されているような写真を撮影する
 こと自体難しいので、どうすればよいか途方に。。。

→この時点で、これは当分、審査のことは諦めて、他のストックサイトに集中しようと。

5回目審査は、4回目審査でNGになってから、iStockPhotoのことは完全に忘れていた。

→カメラ自体も不調で保障期間内の為、無料修理に出していたりして、
 撮影自体も余り行っていなかった。この間は他のストックサイトに昔の写真をUPしていた。

→4/5に修理から帰って来たカメラで久々に4/7日曜日に家の裏山などで撮影してきた。
 そのなかの植物のマクロレンズ(といっても20cmまでしか近づけない)で撮影した写真が
 ピントばっちしで気に行ったのがあった。さすがにハマるとDP1xは凄いですね。

→このDP1xは、裏面の液晶表示を拡大してピントを合わせるが、
 この程度の拡大率では、液晶画面を見てもピントが合っているかは、正確には分からない。
 これでどうやってピント合わせるのか????
 まあ、ピントメモリを微調整しながら何枚か写すぐらいしかないが、
 これには三脚必要だが、今回は持参しなかったため、手持ちで勘で写した。

→これらの写真をSNSサイトにUPしていた時に、
 ふと、そういえばiStockPhoto審査の次回間隔の30日はとっくに過ぎたなぁと、気が付いた。

→ならば、これ駄目もとで審査に出してみるか。。。。と思い立つ。
 でも1枚なので、他は、3月に撮影したシルエットと風景写真がよいかな。
 で、アップロードする前に、なにやら3枚以上。。とか書いてあったような。。。??
 ならば4枚UPするかと、そしたらダウンロード後に風景写真がエラー???
 仕方なしに、4/7撮影の植物2枚とシルエット1枚を4/8夜にUPした。
 注)3枚UPしたら、4枚目はUP出来ないですね。。。勘違いでした。

→次の日帰宅後、メールをみると、既に審査結果のメールが。。
 タイトルも今までと同じ「iStockphoto Upload Application」と、
 これは、また駄目かと思って他のメールを見た後に最後にメールを見て見ると、

 なにやら「Congratulations!」と、
 うん、どれか1個審査に通ったか???
 で、メールを読み進めて行くと、どうも合格したようだ。
 ということで、何気なく出した写真が3枚とも合格でした。

→こんなにあっさり合格するとは思ってなかったので、
 嬉しさがあまり感じず、単にキョトンとした感じでした。
 しかし、iStockphotoで必要とする写真の意味が分かったような気がしました。

→やはり、審査でもストックフォトに適した写真をUPしないといけないようです。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
[-]最新トラックバック
プロフィール
HN:
7maru
性別:
非公開
自己紹介:

バーコード
ブログ内検索
[+]アーカイブ
アクセス解析