忍者ブログ
[721] [755] [754] [753] [720] [719] [718] [717] [716] [715] [714]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今年は親会社も監督・コーチも替わり新しい球団になった。
ということで、オープン戦の結果を踏まえて開幕前の横浜の予想をしてみた。

項目的には、去年までとは少し変えて。。。
 ①今年の投手陣
 ②今年の打撃陣
 ③今年の守備陣
 ④今年の采配
 ⑤今年の行け行け度
 ⑥他球団は。。。
 ⑦セリーグの予想展開


①今年の投手陣

 オープン戦の序盤から投手陣は好調をキープし、
オープン戦は11勝6負の3位と非常にいい成績をあげた。

これは、特に先発陣が安定した投球を見せ結果。
さらに、今年の特徴は、直ぐに先発陣が指で数えられる事。
さらにまた、先発陣が不調になっても、その変わりがまだいる点です。

これは、今までの横浜には無かったことで、今年の横浜がかなり強力な
投手陣を現時点では築きあげたのが凄い事です。


 現時点では、◎:絶好調、○:好調、□:まあまあ、△:普通、▲:不調、×:どん底
        オープン戦
        終了時
   高崎    ○
   山本    ◎
   ブランドン ○
   国吉    ○
   ジオ    ○
   三浦    △

   小杉    2軍○
   加賀美   2軍△
   小林太   2軍▲
   田中    2軍△
   阿斗理   2軍▲
   小林寛   2軍▲
   清水    怪我リハビリ中
   眞下    2軍

   佐藤    △
   林     △
   菊池    △
   大原慎   △
   篠原    △
   加賀    □
   藤江    ▲
   ハミルトン ○
   山口    △

   牛田    2軍
   江尻    2軍
   福田    2軍



 ということで、
先発は、6人が決まり、この中で三浦は登板間隔を空けて起用する
方針のようなので、去年と同じく、登板後一旦抹消して2軍から上げる
ようなことになるのだろうか。その一番候補は、小杉か。

さらに、加賀美がまたもや怪我で出遅れているが、
加賀美が出てくれば、まさに強力投手陣が出来ますね。

 ということで、先発で3人が不調になっても、
今年は戦力ダウンにならずに替わりを補給できる体制が整えられる感じがしますね。
これは、優勝出来るチームの条件なので、今年は期待できそうですね。

 問題は、中継ぎ以降ですが、先発が早い回に潰れるような事態に
ならなければ、2~3人で賄えるので、これは余裕がでますね。

ここも江尻、牛田が現時点でいないので、彼らが帰ってくると大きいですね。

問題は、抑えの山口で、前回の3失点は花粉症とのことだが、
果たしてどうなるかは、まだ不明。


②今年の打撃陣

 現時点では、◎:絶好調、○:好調、□:まあまあ、△:普通、▲:不調、×:どん底
        オープン戦
        終了時
   黒羽根   ▲
   鶴岡    ▲
   新沼    △

   小池    ○
   石川    ▲
   梶谷    ○
   中村    ▲
   渡辺    △
   藤田    △
   内藤    ▲
   後藤    怪我×
   筒香    2軍怪我×
   サラサー  2軍▲
   山崎    2軍

   ラミレス  故障×
   荒波    □
   金城    □
   下園    □
   森本    ▲
   啓二郎   ▲
   北     ▲
   吉村    ×
   一輝    2軍


 ということで、打撃陣は、調子の悪い投手は打てるが、
それ以外は、なかなか打てない。
しかし、今年は去年までとは違い、ヒット無しでも機動力で点が取れるので、
なんとか先発が頑張れば試合になるでしょう。

 問題は、やはり怪我人の多さですね。
ここにきて怪我人が続出していますが、これがシーズンでも続くようだと心配だが。
荒波と梶谷が共に怪我する確率は低そうなので大丈夫とは思うが、
現時点で1軍の彼ら二人以外が怪我しても、まあ、あまり影響しないだろうが??
筒香、ラミレスが怪我の影響で不調もしくは再発でもするとヤバイですね。

③今年の守備陣

 まず、捕手は、強肩の黒羽根で正捕手は決まりですね。
これほどの肩があると、相手はそうそう盗塁して来ないでしょうね。

 内野陣は、二遊間は問題なし、1、3塁も大丈夫でしょう。
 筒香が帰って来た時に不安感が残るが。

 外野陣は、センターが荒波で固定すれば大きい。
問題は、レフト ラミレスだけど、荒波のバックアップ必須。
ライトは、下園、金城、森本なので問題なし。

ということで、黒羽根の強肩で横浜は別チームになりましたね。

④今年の采配

 去年までと一番違うのが、その時点の状況で最強の布陣を敷くこと。
去年までは、こうだと決めたら絶対曲げない。古い野球の概念でしたので。。

 これが一番大きいですね。そのため、大きく負けて行くことは
なさそうな感じですね。選手が不調や怪我でいなくなれば別ですが。

 今年は機動力采配が出来ることも大きいし、何をやってくるかも
相手からは分からない采配で、相手はとても神経を使うでしょうね。
ということで、采配に関しては大いに期待できそうですね。

⑤今年の行け行け度

 まだまだ経験がない選手ばかりなので、いきなり優勝はないでしょうが、
今年は、中盤から終盤に掛けて体の疲れで失速するかどうかでしょうね。

 これが無ければ、相当いいところまで行けそうな感じ。

行け行け度UPは、来年以降でしょうね。


⑥他球団は。。。

 オープン戦を終了し、怪我・故障・不調というところで
明暗が分かれてますね。
・Gは、先発、中継ぎに問題なし。打線は良い投手だと湿りがち。
・Dは、先発が大丈夫か?中継ぎ陣も最後の二人はOKだが、打線はこんなものか。
・Tは、先発が不調なので辛そう。打線はこんなものでしょう。
・Sは、先発が足りなさそうだが、打線もこんなもの。
・Cは、投手陣はよさそうだが、打線がちょっとか。
・Yは、先発陣は、現在は一番いい。打線は二人待ち。

⑦セリーグの予想展開

 現時点では、予想順位は難しいが、
 どこの打線も投手がいいと打てない。
 悪ければ打てるので、投手力が安定しているチームが有利。

 そういう意味だと、YBとGが抜き出ている。
 T,Dは少し苦しい。Sは去年同様打線が活躍できるか。
 Cは、打線次第ですね。

 で、いきなりYBとGが走ってしまえば、2強の争い。
 そうでないと、混戦になりますね。

 ここから落ちるチームは先発が不足してきたチームかな。

 どちらにしても今年も交流線でセリーグが勝てるかどうか。
今年は、パ主力投手がメジャーに行ってしまったことでどうなるか。

 ということで、7月以降に戦力が整ったチームがそのまま行きそうな感じか。


○開幕予想オーダ

 1:遊 梶谷
 2:左 森本
 3:二 石川
 4:三 中村
 5:一 小池
 6:右 金城
 7:中 荒波
 8:捕 黒羽根
 9:投 高崎

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
[-]最新トラックバック
プロフィール
HN:
7maru
性別:
非公開
自己紹介:

バーコード
ブログ内検索
[+]アーカイブ
アクセス解析