忍者ブログ
[797] [796] [795] [794] [793] [792] [791] [790] [789] [787] [786]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★前立腺生検

2013/5/11 前立腺生検
 入院し、その日に生検。
 この日は、5人ぐらい生検受ける方がいるが、自分は一番最初とのこと。
 手術は30分もあれば終了。手術中は麻酔で眠っているので分からない。

 11:00 15分前に受付を済ませた。
 で、資料を良く見ると、術後1時間経過して気持ち悪くなければ、
 食事してもOKとのことで、1階のコンビニへ弁当を買いに行く。
 帰ってきたら、受付にいた2名の方がいない。。。。もう病室に移動したか
 仕方なく待っていると、11:00過ぎに掛かりの方が来て案内してくれた。

 それからロッカーで着替えて点滴を刺されベッドで安静に。
 で、12:00から掛かりの方に付き添われ手術室へ。
 手術室では細いベッドに仰向けに寝て、体に血圧計やら色々付けられ
 さらに手足を固定され、点滴のところから麻酔薬を投入。
 左腕の中を冷たい液がジワーと流れて行くのを感じたら・・・・・
 ・・・・
 看護婦さんに何か声を掛けられて気が付きました。
 それから、元の仮の病室までベッドのまま移動し、
 病室のベッドへ「ホイ」と移動させられた。あまり意識が曖昧。。

 で看護婦さんから説明が、
 小水に血がずっと混ざっているとか、お尻から大量の出血があるとかの場合は
 連絡してとのこと。

 その後、急速に意識がハッキリし、手足を曲げたりしながら1時間休憩に。
 お尻の穴のところがちょっと痛いような気もするが、
 それよりお腹が張ってきていて小水を出したいような感じもする。

 ここで次の手術の方が手術室に。。。。。
 ところがしばらくして帰ってきた。。。????
 理由は、急に外科手術が入ったそうな。。。。で、皆さん待ち状態に。

 こちらは段々小水がしたくなる。でも我慢。
 やっと1時間経過し看護婦さんがやってきて、
 じゃ手術後の最初の小水を取りましょうということでトイレに。
 出て来た小水。血が混じって赤い。。。。。が、最初の方だけ。

 その後、ベッドに帰り、3時間は安静。
 しかし、1時間経過して気持ちが悪くなければ、食事を取ってもいいとのこと。
 この為に、受付する前に一階のコンビニで弁当を買っておいた。
 看護婦さん「食べてもいいけど。。。。」と不思議そうな顔を。

 ということで、昨日の夜から絶食なので腹減ってきた。
 弁当が上手かった。

 その後、看護婦さんがやって来た時に、「弁当食べました」と聞いてきたので
 「ハイ、食べましたよ」と言うと、看護婦さん微笑んでいました。
 食事をする方は、あまりいないのかも。

 で、問題の手術待ちの方々、2時間待たされて、外科手術が長引いているので
 開始が17時頃になるとのことで、仮の病室から本当の病室に移動になりました。
 自分は、30分違いで助かりましたが、手術を待たされるのは辛いですね。
 で、看護婦さんに聞いてみたところ、この手の手術は、結構先まで予約でいっぱい。
 なので、今日出来ないと、また数カ月後になるとのことで、遅くなっても今日実施するのだそうだ。

 こちらは、2回目の尿意が出てきて、小水をしに。最初、赤いが直ぐに正常に。
 で、3時間30分経過して16時前に病室の方へ移動。

 さっそくパソコン取出して趣味のお仕事を。
 まずは、WiMAXが繋がるか試してみたが、どうも繋がらない。
 ところが、2時間後に試したら繋がりました。これで仕事が出来る。

 小水もその後、1回目は最初血が混じっていたが、その後は正常に。
 看護婦さんも、膀胱の立体的な説明で膀胱の穴が膀胱の一番下ではなく
 ほんの少し上の方にあるので、この一番下の小さな窪地にどうしても血が溜まり、それが出切るまで
 血が出てくるとのこと。

 ということで、この後は、点滴の継続と血圧、体温の測定を朝昼晩と行い経過観測
 特に異常はなく、二日後に退院しました。

 最後に渡された手術の書類に前立腺の体積が   なんと77.1と
 これは%でなく、ccでしょうね。。。ということは、前立腺肥大。。している。

 なにしろ、ここ数年前から登山をしているときも尿の回数が増えて来た。
 夜中に起きた時に、体が眠っていると、尿意が大きくても
 尿が出てこない。。この辛い状態がある。。。眠気が覚めると、尿が出てくるのだけど
 眠いので起きたくないので、その状態のままだと、なかなか出てこない。。。

5/22 結果通知
 病室に入ると、先生「結果ですが、ガンが見つかりました」
 うっそーーーー。と、父が前立腺がんだったのである程度は予想していたが
 やはり遺伝の影響かも。
 先生:針を10本刺して、3本から検出。6,7,8で検出。右側下の方ですね。

 ということで、先生:アメリカではPSA 20以下だと転移検査は行わないけど、
 日本では検査実施します。とのこと。
 で、骨シンチ、造影CT、造影MRIを実施すると、ということで次回診察は6/4に。

 受付で骨シンチ、造影CTは5/30、造影MRIは6/3の予約が取れた。

5/30 骨シンチ、造影CT検査
 この日は、一日がかりの検査。
 というのも、骨シンチは、最初に薬を注射し、それが骨に蓄積されるまでに3時間かかると、
 で、その間に造影CTを撮影する。そのため10時に注射し、10時半から造影CT、
 さらに2時間待って13時から骨シンチ検査、終わるのが14時過ぎ。

 ということで、まずは骨シンチの注射。
 しかし、現れたのが綺麗な若い看護婦さんと年配の看護婦さん。
 なんかやな予感がした。。。。
 若い看護婦さんが点滴の注射針を刺したが、なんか「あれ。。」とか
 刺した針をいじっている。。。そのうち「止めときます」と言って針を抜いた。
 ここの病院は、膝の手術の時も点滴針を刺すのに若い看護婦さんが、
 5回も試みたが全てNG、でベテランが来て一発でOK。
 やな予感はあたりあたりました。で、先程の年配の看護婦さんが来て一発OK。
 若い看護婦さんの実験台にされてる。。。。次回からは、悪い予感がしたら拒否しよう。

 ということで、注射をしてから、CTを撮影に放射線科に。
 順番がくるのを待っていると、ここも検査受ける方が沢山いる。
 いろいろな病気でにお検査なのでしょうが。。。。

 30分ぐらい待って順番に。
 最初は、造影剤なしでCTを取り、最後に造影剤を注入してCTを撮る。
 CTは、3月のがん検診でもやっているので不安等はなし。

 で、その後2時間近く待ち時間が、その間、軽い食事なら食べてもいいよ
 とは言われていたが我慢する。でパソコンを出して趣味のお仕事を。

 13時になって骨シンチの検査へ。
 ここも細い検査台に寝て検査するが、撮影装置が体のすぐ近くまで下りてくる。
 最初顔の近くに下りてくるが、なんか押しつぶされそうな感じに。
 でも、顔の数センチ手前で止まってくれました。

 まずは最初15分掛けて全身を撮影。
 ここで、検査師さんが、どこか痛いですかと
 半月板損傷の左膝と腰が痛いですねと。

 さらに下半身、お腹、胸と3段階で詳細撮影。

 最後に造影剤を入れて撮影して終了。
 1時間10分ぐらい掛かった。で、この間小水を我慢していたので
 すぐトイレに駆け込みました。いやーー漏れるかと思った。

6/3 造影MRI検査
 この日は、朝一番というより7時30分からと、診察よりずっと前に検査が
 MRIは何度も体験しているので問題なし。
 しかし、検査始まる前にヘッドホンを耳に当ててくれたが、これがデカイ。
 ゆるゆるなので、当然ヘッドホンの意味なし。。。。

 最初は造影剤なしで撮影し、最後に造影剤入れて、間を待つことなくそのまま撮影。
 大丈夫なのか。。。

6/4 最後の審判の日
 転移していると大変なことになる日です。
 体の骨の痛みという点では、腰の痛みは筋肉の痛み出し
 その他は、骨の痛みはないので転移は無いだろうとは思っていた。

 結構待たされてから呼び出しがあり病室に。
 先生:画像を説明して
 「転移はないという結論に、ただし、細胞レベルの転移はわかりませんが」
 と予防線を張って説明終了。
 なにしろ、骨シンチの結果は、異常なし。
 その他の画像では、なんとガンが映ってない。。。。
 放射線科では「これは前立腺肥大の患者ですね」とのこと。

 ということで、対策としては、手術か放射線かホルモン療法の3つがあるが
なにしろ前立腺が大きいので放射線は直ぐは無理。
年齢も若いので手術がお勧めと。まあ、そうですよね、ということで手術を。
それでは、手術担当の先生と相談をということで、6/19を予約。

前立腺癌治療日記(その3:手術日相談から手術・退院まで)

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
[-]最新トラックバック
プロフィール
HN:
7maru
性別:
非公開
自己紹介:

バーコード
ブログ内検索
[+]アーカイブ
アクセス解析