忍者ブログ
[319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [727] [327] [328] [329]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 腹式発声のやり方を丁度1年前に考え始めたけど、
やっとまともになってきた。

去年までは、単にお腹に力を入れて(というより意識して)唄っていた。
これにより、大きな声が出るようにはなったが、
どうもまだ喉声と腹声がごちゃごちゃしてたような。

で、去年の暮れに、喉を開けることに気が付いてから、
腹式発声が徐々に感じられるようになり、
同時にビブラートも突然出来出した。

さらに口を大きく開けることを意識したのも大きい。

で、6月に入って、今度は、曲のフレーズ毎とか、音毎の強弱を、
お腹に力を入れる際に、その強弱をコントロールすることにより
出来るようになった。この力を入れるってのは、横隔膜を
上げたり、下げたりしている感覚かな。

同時に、口の中の開け方を、音毎に力の強弱を入れながら制御する
ことが無意識にしている。
力を入れることで、口の開け方を固定できるので、音に安定感が出てきた感じですね。
短い音とか、伸ばす時の音とかが。

まだ、完全ではないけど、これにより、急激な強弱の変化に
対応できるようになったかな。

それと、去年までは1曲を覚えるのに、
初めは、耳で聞いても口に出るときに音程やリズムがバラバラ。
音程最悪でもなんとかリズムを取れて1曲歌い切るのに、
最低2週間、ミスチルやGLAYだと、1ヶ月は掛かった。

それが、最近は、簡単な曲なら、3度ぐらい聞けば、音程は別として、
唄えるし、GLAYでも1週間もあればリズムは取れるようになった。

やっぱり、耳で聞いてから、脳を通り、口に出るところで、
脳は、ずっとカラオケしているので、慣れてきたのかな。

口は、やっと腹式発声がまともになったので、脳での命令を
口が適切に処理できるようになったので、覚えるのが早くなったと思う。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
[-]最新トラックバック
プロフィール
HN:
7maru
性別:
非公開
自己紹介:

バーコード
ブログ内検索
[+]アーカイブ
アクセス解析