忍者ブログ
[694] [693] [690] [687] [686] [680] [692] [681] [685] [691] [679]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 とうとう借金が-11と消化試合になってしまった横浜。
しかし、去年と比べ投手力が良いのが違うところ。
ただ、打線が不調。

 ということで、このままの状態で現監督では、
ますますどん底に行くのではと危惧し、監督交代に。

 現状を整理すると、

①横浜

 ・投手力
   先発:一応6人は揃った。
   中継:打たれる吉川、高崎、牛田に替わり、木塚、吉見、石井裕を
   抑え:石井裕から山口に

  現状、投手力は、そんなに悪くないばかりか、いい方である。

 ・打撃陣
   このところ、いい投手にあたり、打てないのは仕方ない。
   しかし、1,2番が悲惨なのが問題。
   内川も守備が気になるのか、バッドが振れてない。

 ・守備力
   ところどころではエラーがあるが、特に無死でエラーをした後に
   大量失点するケースが目立つ。

 ●打開策

 ・1,2番の確率が急務。

   石川は、完全にバッディングがおかしくなっている。
   それは、今までは外角を打つということで、内角を捨てていたが
   ここに来て相手が内角攻め。これに完全にバッディングを崩して
   頭がパニックになっている。

   山崎は、プロの体力不足。

   梶谷も変化球に対応できずにパニくった。

   北川は、まだまとも、G戦の9回裏の意地の安打の心境を
   継続できれば、赤星タイプになる。

   仁志がどのような状態なのかは分からないが
   田代さんは、まだプロの動きとは言っているが打撃は?

   ということで、セリーグ主催試合なら、仁志は分からないが、
     1番 金城
     2番 北川
   に当面固定しては。

②セリーグ

 今シーズンは、どこも防御率がいい。
 これは、打撃陣が弱い横浜には、マイナス材料。

③交流戦

 パリーグは、防御率が悪い。
 これは、横浜にとっては、プラス材料。

④今後の展開。

 横浜の監督が田代さんになり、ベテランも使うような
ことも言っているので、現状は、それも仕方ないところ。

なにしろ、パリーグの防御率は悪いので、
横浜が当たる時に悪い投手に当たるツキがあれば浮上可能だが
いい投手とばかり当たると悲惨な目に。
これは運ですかね。。。。

 ここで運があれば、浮上することは可能。
その間に、打撃陣が復調すれば、後半戦は3位以内もまだ分からない。

ということで、5月の戦いでどうなるかですね。
すなわち、このまま借金を積み重ねれば、お仕舞い。
借金が増えなくても、お仕舞い。
借金が返せれば、目はまだある。

問題は、田代さんがどんな打順を組むかだけど、大きく変えるとは
思えないが。。。。

ということで思いっきり考えを変えて、
交流戦の打順は、例えば以下とか

 1塁 1番 内川
 2塁 2番 北川
 右手 3番 吉村
 3塁 4番 村田
 DH 5番 佐伯
 左手 6番 ジョンソン
 中手 7番 金城
 捕手 8番 細山田
 遊撃 9番 石川

まあ、どうなるんでしょうか?
 

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
[-]最新トラックバック
プロフィール
HN:
7maru
性別:
非公開
自己紹介:

バーコード
ブログ内検索
[+]アーカイブ
アクセス解析