忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
Fotoliaは、アップロードが簡単なので大量にUPできるが、
iStockphotoは、一枚一枚づつ、アップし、英語で説明書いてと
一枚アップするのに大分時間が掛かる。

したがって夜帰ってから寝る前にUPするにしても6枚ぐらいが限度。

 ということでこれを改善できる方法として、iStockphotoが提供している
ソフトウェア(DeepMeta)をダウンロードして使ってみました。

 これ基本画面は英語なんですが、ダウンロードページに操作説明もあるので
Chromeで自動翻訳して見れば操作方法は簡単に分かります。

ということで、さっそくダウンロードして試してみた。

①iStockphotoサイトにあるデータをすべてこのアプリで取り込める。
 →いろいろな統計情報がグラフで見れます。
②既に登録されたファイルの各種情報を更新可能
③新規ファイルを一気UPできる。
④もちろん、タイトル、タグ等の情報を編集しすべて付加できる。
⑤PIXTのタグ、タイトルばかりでなく、すべての情報が既存の写真からコピーできる。

なので、これで一気にPIXTAレベルまでは使いやすくなった。
問題は、英語ですが、これは仕方なし。

PS.2016/3に日本語バージョンがリリースされました。

拍手[1回]

PR
風景写真だけど、Fotoliaの採用傾向を見ていると、なんとなく採用されやすい
方法が見えてきたので、それを意識して撮影場所、タイトル付け、タグ付けを
考えて撮影した写真を一気に大量(50枚ぐらい)に11月にUPしてみた。

 その結果、殆ど9割以上の確立で登録されました。

 その後、既に登録されている競合の写真の解像度を調べてみたが、
これで審査通るの?的な感じの写真が多いので、ならば、高精細の写真を
UPしたらどうなるのかも調べてみることに。

ということで、今度は7月に新しいカメラを購入したので、これにより解像度が一気に
上がった。普通の一眼レフカメラを凌ぐ解像度です。しかし、現在のPC能力が低く
現像が困難なので、写真は撮ってもお蔵の中に貯まって行く感じ。しかし、なんとか現像した。

 この高精細の写真を12月に一気に大量にUPしたら、すべて即OKになりました。
ということで、これからは内容に拘った写真をUPして行こう。

拍手[1回]

去年から写真を始めて、フォトコンテストやストックフォトに登録してきたが、
本日までにどちらが稼げたかを調べてみた。

●フォトコンテスト

  商品は金額換算。

  フォトコンテスト登録回数:   20件
          まだ審査中:   5件
          入賞回数:    4件
          金額:    15,000円

●ストックフォト

  Fotolia            5,032円
  iStockphoto          1,605円
  PIXTA             3,310円
  Photolibrary          1,574円
  TAGSTOCK             0円
  合計             11,512円

なので、フォトコンテストの方が稼いでいます。

フォトコンテストは、マイナーなところばかりなので、
メジャーなところは、現在の実力では難しい。
ただし、現在審査中のもので、それなりに入賞の可能性もあるので
2013年だけだと、フォトコンテストの方が多いかも。

ストックフォトは、段々登録枚数も増えてきて、
やっと7月から売れ出してきたので、今後が期待かも。

ダウンロード回数からすると、日本サイトの方が一桁にも関わらず
結構な金額なので、これが沢山売れれば沢山稼げそうだけど、
風景写真主体なので、なかなか難しいです。

拍手[0回]

2013/8/16 退院後1日目

 16:00 夜、浜スタに。

 週明けの出社に備えて、尿取りパットなしで出かける。
外は暑いが、歩くスピードは体力も落ちているし、お腹もまだ別次元的な存在なので
ゆっくり歩く。

 尿漏れは、いっぱいまで我慢しないで、2時間ぐらい置きにトイレに行けば、
尿漏れの心配なしですね。

8/17 退院後2日目

 朝、出社に備え、尿漏れしても分からないように、黒のズボンを買いにユニクロへ。
今まではいていたズボンは、少しでも漏れると、その後がしっかり付いてしまうので
これではマズイと思い、分からないズボンに。

11:30 写真撮影に横浜・元町まで
   色々写真を撮り、夜からは浜スタへ。

さすがに昼間は暑い。体力が落ちているので歩き回るのが辛いですね。

8/18 退院後3日目

10:30 写真撮影に大桟橋まで。
   大型客船が入港するのでコンテスト用+ストック用の撮影に。

この日はなにしろ猛烈な暑さ。
ところが、なぜか汗は掻くが、水分が欲しがらない。
そのため、水分を補給しなかったら、午後気分が悪くなってきた。
軽い熱中症的な感じ。ライブを聴いて休憩し、さらにタクシーで関内駅まで行き、
そこでカフェに入りPCで写真編集を。夕方には回復。

なんか、水分は、体の要求が無くても小まめに取った方がいいですね。

痛みは、右側の傷口の痛み、ドレイン管の先のお腹の部分の痛みが少しのある。
お腹は、まだ別次元。ハリ、少しの痛みとか。

8/19 退院後4日目

5:20 会社に行く。
この日から、やっとお腹が自分の物になった。
ハリも、痛みも取れました。

尿漏れも問題なし。フルタイムで出社できました。良かった。

●体力:いつもは、5階まで2段置きに階段を歩いているが、
    この日は、3階半でギブアップ。
    足の筋肉は特に問題ないが、呼吸が苦しくなった。
    病院でも歩いていたので筋肉は維持されていたが、
    呼吸器は、長い距離は歩いてないので、退化しましたね。

    長期入院するときは、呼吸器も鍛えないと行けないですね。

8/23 退院後8日目

●体力:
やっと5階まで2段置きで歩けた。けど、まだ呼吸が超苦しい。
週明けには、元に戻りそう。

●痛み:
傷口の痛みはまだ少しある。
昨日ぐらいから、座って立ち上がると、お尻の穴と男性者の間に違和感が出てきた。
少し痛いような痒いような、上から下に何かが出てきているような感じ。

8/24 退院後9日目

●男性自身:
勃起神経を両方取ってしまったので、立つ事も無く、男性自身もとても
小さくなっていた。で、刺激してみたら、勃起はしないが、
小さかったのが、勃起すればその大きさになるはずの大きさになった。
要するに、縮こまっていたものが、引き伸ばせばその大きさになった。

さらに、オーガスムスにも達し、そのときになにかサラサラの透明な液体が
少し出てきた。多分、カウパー腺から出てきたのだろう。

その夜、目覚めてトイレにいったら、3cmぐらいに小さくなっていたのが
10cmぐらいで、少し固くなっていた。で、朝起きたら、元の大きさに戻っていた。

8/25 退院後10日目

●尿漏れ:
現在のところ、一杯貯まった状態だと、例えば朝起きて寝床で考え事して
あそこに力が入るようなときに、少し漏れ出すことがあった。
なので、朝起きたら即、トイレに行く等をすれば大丈夫。
特に、尿漏れ体操などはやってない。

ところが、今日朝起きたら、なんと寝小便をしていた。それも沢山。
まったく気が付いていない。これにはショック。

9/6  手術後1ヶ月目

●診察:
退院後、初めての診察に行って来た。
内容は、摘出した前立腺の病理検査の結果。
先生「癌は右側にとどまってました。グリソンスコアは、3+4=7で変わりなし。」
   次回の検査は、手術後3ヵ月後の11/6でいいですね。」
「ハイ。で、病理検査の結果を詳しく教えて欲しいのですが。」
先生「断面やリンパ節、神経、その他にも癌は無かった。前立腺の右側にとどまっていた。」
  「後は、PSAを見ていきましょう。再発したら放射線治療ということで」

一応、血管を通して細胞レベルで外に転移していなければ、これで完治ということ。
ただし、まだ分かりませんとのことです。

「あと、穴を開けた右側のところにシコリがあるのですが。」
先生「時間が経てば取れてきますよ」
「そうですか。」

先生「問診表に記入して頂けますか」
「ハイ」

その問診表。手術前後で尿の出方等の変化。EDの変化に関するもの。
手術前は、前立腺肥大の症状だった。一番辛かったのは、夜中に起きたときに
まだ体が眠っていると、尿意があるのに、尿がポトポトしか出てこない。
なので、30分くらいトイレで頑張るしかなかった。

手術後は、夜中に起きても、勢い良く出てくるので感激。
問題は、夜尿症のこと。

●尿漏れ:
尿が一杯貯まった状態になって、トイレに行き、トイレを見ると、
我慢できずに漏れてしまうのは入院しているときから。
飲み会で結構飲んでいたら、結構貯まっていたが、そんなに貯まった感じはなかったが
最後の方にトイレに行ったら、トイレが満杯で。我慢していたら、我慢しきれず最後漏れてしまった。
幸い黒のズボンを穿いているので、漏れたのが分かりませんでした。

その他は、特にお腹に力を入れると、出てきそうな感じになるが、実際は出てきていない。
なにしろ、気が付いたらトイレに行けば問題なし。

●夜尿症:なぜか、6日置きに寝小便をすること3回。現在は、これが悩み。

●全体:
男性自身は、2週間後には、小さかったのが手術前の大きさに戻っていたが、勃起することはない。
痛みは、右側のシコリ部分が押せば少し痛いが、殆ど無くなった。
お腹の状態は、自分のお腹に戻った。ただしまだ大便をもよおしてきたという感覚が鈍い。
男性自身への刺激は、夜尿症との関係があるかもで、控えていたが、どうも関係なさそう。
ただし、引き金になったかどうかは不明。

11/6  手術後3ヶ月目

●診察:
手術後3カ月が経ち、手術前の体に戻った感じです。
今回は、血液検査のPSA値の結果がすべてです。

先生「0.01以下です。いいですね。」
   次回の検査は、手術後6ヵ月後の2/6でいいですね。
   あと、何か問題はありますか」

「いや、特に無いです。
 0.01以下って、もっと詳しい値は」

先生「0.01以下は特に気にする必要無いです。
   これが上がって来れば、放射線治療ということで」

先生「尿漏れとかどうですか。尿パッドはしてますか」

「10月初旬から手術前の感じに戻りました。
溜まった時はヤバいですが普段は特に無いです、尿パッドもしたことありません」

先生「また問診表に記入して頂けますか」

「ハイ」

問診表は、前回と同じような設問。

●尿漏れ:
尿が一杯貯まった状態になった時は、やはり我慢が難しい。
それ以外は、手術2カ月後の10月上旬に手術前と同じ感じに。
特に下腹の違和感などは無くなり、手術前の感じに戻りました。

その他は、特にお腹に力を入れると、出てきそうな感じになるが、実際は出てきていない。
のは変わりなし。

●夜尿症:これも10月初旬に無くなった。しかし、今朝(11/6)少しパンツの先を濡らした。

●全体:
男性自身は、勃起することはない。
お腹の痛みや、かゆみ、シコリ等は、10月初旬までに無くなった。
現状は、特に問題と感じることはなくなった。

2014/2/5  手術後6ヶ月目

●診察:
手術後6カ月が経ち、完全に元の体に戻りました。
今回も、血液検査のPSA値の結果がすべてです。

先生「0.01以下です。いいですね。」
   次回の検査は、3ヵ月後の5/7でいいですね。
   あと、何か問題はありますか」

「いや、特に無いです。」

先生「尿漏れとかどうですか。」

「全く無いです。我慢したときに1回漏らしたことがあるだけです」

先生「また問診表に記入して頂けますか」

「ハイ」

問診表は、前回と同じような設問。


2014/5/7  手術後9ヶ月目

●診察:
手術後9カ月が経ち、今回も、血液検査のPSA値の結果がすべてです。

先生「0.01以下です。いいですね。」
   次回の検査は、1年後の8/6でいいですね。
   あと、何か問題はありますか」

「いや、特に無いです。」

先生「手術する前と尿の出はどうですか。」

「前は、尿の出が少なかったが、今はドバッと出ます。
また記入しますか」

先生「お願いします」

問診表は、前回と同じ設問。

2015/4/6  手術1年8ヶ月目
●診察
その後は、4ヶ月間隔でPSA検査継続。

その度に一抹の不安を抱きながら審判の席に座るのですが、
先生決まって「0.01以下ですね。いいですね。」
の繰り返し。その後は、お決まりの「また記入しますかね」の問いに。
先生「お願いします」

拍手[1回]

2013/6/19 対策相談

 まずは、手術担当の先生の診察というより説明を。
いろいろ説明し、手術することで。
それもグリソンスコアが3+4の7で中リスクということもあり
全摘出ということが妥当と。

7/19 入院等相談

 妻と二人で先生の内容確認し、勃起神経もすべて摘出でお願いした。
手術はロボットで行う。出血は50ccぐらいなので、事前の自己採血は行わない。

入院は1週間程度だが土日もあるので10日間程度。

 その後、麻酔用の呼吸器官、採決、止血時間、レントゲンの検査を受けた。
これ金額が膨大。

7/23 麻酔科の結果診察

 特に検査の結果には触れずに、当日はよろしくお願いしますと
先生、かなりアバウトな感じ。

★前立腺癌ロボット手術

2013/8/4 手術前日
14:00 大部屋1に入院。この時点から食事禁止に。飲食は21時までOKだけど、
   15:00からの下剤で飲む気しない。
 ●  午後は、Fotoliaの写真修正した。
15:00 下剤2リットルを3時間掛けて飲んでくださいと。
   この下剤、ポカリスウットのような感じだけど、美味くない。
   1リットル飲んで出ないときは、注意して飲んでくださいと。
   気分悪いとか。。。。うーーん、出ませんが。。。。
17:30 あとコップ2.5杯のところで、これ以上飲むと気持ち悪くなるのでストップ。
18:30 もよおしてきて、大量に出る。その後3回。
21:00 まだ残っていたものを看護婦さん、全部飲んでくださいと。
22:00 やっと全部飲めた。

8/5 手術当日
5:00 もよおしてトイレ。焦げ茶色の水状大便が出た。
7:00 トイレ、まだ出切ってない。
 ●  午前中は、Fotoliaの申請に出した。
10:30 手術の準備に取り掛かる。手術着に着替えて両足のふくらはぎに血栓防止の
    白いストッキングをはく(歩けたら取っていい)。
11:40 トイレ、水状だけどまだカスがでる。
11:50 妻と息子が来る。
12:20 妻と息子と一緒に歩いて手術室前に。そこから看護婦さんと手術室に入る。
   で、トイレのことを先生に聞いたら、塊でなければOKとのこと。
12:30 手術台に上がる。
   色々付けられて、「点滴から麻酔薬を流します。3分したら眠くなります。」
   とのことだったが、いつものように、体にジワーと液体が流れて来るのが
   感じられたら、即記憶がなくなってました。
19:40 「手術終わりましたよ」で目覚めた。
    「手術成功しましたよ」先生が「前立腺大きかった」とか話していた。
    手術時間は5時間ぐらいと聞いていたが大分掛かったようです。
19:50 術後のナースステーションに近い大部屋2の病室で妻と息子に会う。
    まだ朦朧としている。
    その後は、朦朧として寝ていたのか良く分からない。

8/6 手術後1日目
深夜 段々意識もハッキリしてくると、腹筋が非常に痛い。右太ももを上げられない。
   お腹の痛み10レベル。色々な管が取り付けられているので横になれないし、
   太ももも上がらない。寝てるだけ。
   そしたら、段々気持ち悪くなり、3回目に吐く。
   今夜は、同じ部屋に色々な方が居て、世話しなく、
   「アーアーーー」とか「なにしてんだよ」とか煩くて2時間寝たら目が覚める感じ。
   それにしても今夜担当の看護婦さん、とても可愛くて綺麗な方。
8:40 先生回診、吐いたのは麻酔の影響だろうと。
10:00 座薬投入 痛みが楽になった。少し歩くことが出来た。
 ●  今日は、iStockphotoのオーディオデータ編集した。
    ただし、左手を動かすと点滴の閉塞エラーに(針の先の血流に異常とみなされる)
    なり、その都度看護婦さんに対応してもらう。
17:00 先生回診、順調ですね。
18:00 水解禁

8/7 手術後2日目
    今夜も昨日と同じで周りの方が煩くて寝付きが悪い。
5時ごろ、大きい方のトイレに。少しだけ水が出てきただけ。お腹ハリだらけ。
今日から朝食と言われていたが先生からNGのようだ。腹減った。
10:30 大部屋3に移る。
11:00 鳩尾から一直線に痛みが走る。冷や汗。座薬投入で楽に成る。
14:30 おならがでた。
 ●  午後は、iStockphotoのオーディオ申請に出した。
16:00 散歩する。遠回りで3周した。ドレンチが沢山出てきた。
17:00 先生回診、食事のことを聞くと「昼出てませんか?」
    ハイ、「じゃ出しておきますね」良かった。
18:20 夕食食べた。うまかった。病院の飯がこんなにも上手いとは。。
21:40 点滴の左腕が張ってきたので腕を見るとかなり腫れている。
    点滴が漏れた。看護婦さんに聞くと引くまでに1週間ぐらいかかる。
    で、点滴を右腕に替えるが、これが自分の腕は難しいのでベテランでないと無理。
    三人の若い看護婦さんが試みたが、すべてNG、しばらくたってまた若い看護婦さん、
    やっと入った。看護婦さんに「ベテランですか?」と聞いたら、
    「いいえ」と謙遜して「奇跡ですよ」。。。。。
    しかし、皆さん綺麗な方で、看護婦さんて皆綺麗な方なの???

8/8 手術後3日目
    今夜もお腹が痛くて寝返りが打てないので寝付きが悪い。
夜中  小水の出る感じがして出てきたら少し漏れた。カテーテルの外の尿道から出てきた。
    看護婦さんに対処してもらう。
5:30  お腹が張ってきて、また小水が出そうになり、自分の意識で出そうとしたら、
    今度は大量にじゃーーーーと漏れた。
    看護婦さんに紙おむつと尿取りパッドをつけてもらう。
7:10  散歩する。3周した。お腹の筋肉は痛い。4レベルか。
8:10  朝食を食べる。美味しいです。
8:55  先生回診。尿漏れは、管から尿が出ているので問題なし。
    管から出てないと詰まっているので問題。
    管の隙間から出てくるときもあるので問題ありませんとのこと。
  ● 午前中はPIXTA8月分50件申請に出した。
12:00  昼食を食べる。ご飯の量が普段より多い。これは太りそう。
12:50  散歩しようとしたがお腹の傷が痛いので座薬を入れてもらう。
     今日の痛みは、6レベル。かなり辛く、動こうとする元気がわかない。
     体の元気が段々衰退している感じ。寝ている時間ばかりからか。
14:15  自分の写真を撮ってみようと散歩する。
    お腹の痛みは取れていたので、歩くのが快調になり、廊下を5周した。
    体のだるさも取れている。これはお腹の痛みからですね。
    で、写真を撮ってみたが、利き腕に点滴されているので難しい。
  ●なかなか気が重く出来なかったが、やっと夕方からOpenLayer(Ver4)のテストを行う。
19:00  先生回診 お腹の痛みについて話される。
    傷と、傷口を塞ぐ為のホチキスの影響もあるかも。
    ホチキスは、1週間で取れると。

8/9 手術後4日目
    今夜もお腹が痛くて寝返りが打てないので寝付きが悪い。
1:00  点滴終了。やっと点滴の閉塞エラーから開放された。
6:20  おならは出ていたが便が出ないので気になっていた。
    普通は、もよおしていなくても朝トイレに行くと出るので
    同じようにトイレに行ったら、出ました。柔らかめのが沢山。
    よかった。
    今日のお腹の痛みは、4レベル。昨日よりは大分楽になったが
    まだ、痛い。
8:00  今日の朝食は、従来の病院と同じ簡素な朝食に。。。昨日は何だったんだ。
    今日から点滴が無くなったので抗生剤の薬服用になった。
9:30  体を拭きに来た看護婦さんが腹腔ドレインの脇から漏れを確認し、
    先生に聞いたら、漏れても特に問題なしとのこと。
    で、処置をしてくれた。またテープを張った辺りに水泡が出来て痒いので
    これも対処してくれた。また痒かったらナースコールしてくださいと。
10:00  お腹の痛みがあるので座薬を入れてもらう。
    腹腔ドレインについて調べてみた。体内の体液で、手術したときの洗浄液や、
    その他問題ある場合の異常な出血や何とか液が出てくるのを体外に出して
    それをモニタリングするそうだ。
    自分の場合は、歩くと、寝ている時より大目に出てきますね。
    これが淡黄色になればいいが、まだまだ薄い血色。腹もまだ張っているので
    まだまだ貯まっているのか?
12:00  今日の昼食は、ぶりが出たが、味が無い。。。。本当に昨日の食事は凄かった。
  ●今日はやっとOpenLayer(Ver4)の文字と図形の重さねの使い方を理解し
   地図の変換作業に取り掛かる。
14:40 今日の昼間担当の看護婦さんは気が効く方で、
    頭を洗ってくれて、髭も剃ったので、気分も心もスッキリした。
    髭剃りも洗髪もお腹が痛いのでやる気が出なかったが、本当に助かった。
    さらに腹腔ドレインの脇から少し漏れ出してきたので取り替えてもらった。
    1日3回ぐらい替えないと駄目かもと。
18:30  夕方回診の看護婦さんが、「明日尿カテーテルが取れるそうですよ。」と
    もう取れるのかな?
20:00  先生回診。明日尿カテーテルを取ります。初め尿漏れもあるので、お尻を締める運動を
    1時間に何回、1日に何回とか言っていたが、回数がはっきり覚えていない。

8/10 手術後5日目
    昨日は野球が無いので9時過ぎには音楽を聴きながら寝ていたら、
    そのまま寝てしまい、気が付いたら0時30分、その後は、夢見たり、起きていたりで
    今までと同じで寝付きが良くない。
6:50 起きて廊下を6周ぐらいした。今日は、お腹がそんなに痛くないので快調。
    咳き込むと痛いので、2レベルかな。大の方も快調に出た。
    ただし、もう一つの傷口のお腹の中が便座に座っているとキリキリ痛い。
    また、尿カテーテルの管が痛くなってきたので、今日取るのはグッドタイミングですね。
    さらに点滴漏れた左腕は元に戻りました。
8:40 先生回診、「今日尿カテーテルを取りましょう。看護婦さんが取ってくれます。」
    直ぐに取れるんですか?「直ぐ取れますよ。」
    「ドレインの方は、まだ200ml出てるので今日は止めましょう。」
    歩くと増えるのですが。「お腹の下の方に付いてるので、動くとね。。。。」
 ●  午前中は、iStockphotoのオーディオ申請に出したタレントリリースミスったので修正し
    再申請した。
10:40 看護婦回診、尿カテーテルを抜く。引っ張るときに少し違和感があったが、
    長さも短く直ぐ抜けた。
11:45 ネットで甲子園のTVを見ていたら、なんかもよおして来たのでトイレへ。
    少ししてから尿が出てきました。やったーーーという感じで、一番不安だったのが
    問題なく出来たので、これで一安心。
13:25 2回目がもよおしてきたので、トイレに行ったが、パンツから出す前に
    少し漏れた。。。これが尿漏れでしょうか。尿を止めるコントロールが全然です。
    お尻への力入れ頑張ろう。
    ドレイン以外の引きずる物は無くなったので、廊下を大分歩いてきた。
    お腹の周りの張りもあり、ここの違和感がある程度で、快調かと思いきや
    紙おむつの影響か左膝が違和感を感じ、途中で止めた。やっと楽になってきた。
    あとは、お腹の張りだけですね。
 ●午後は、お墓の写真を編集しFotoliaに申請した。

8/11 手術後6日目
    お腹のぷよぷよと傷跡の痛みで、横になると、これらが上から覆いかぶさるようで
    痛くて横になれないのが最大の問題。2時間寝て、の繰り返しですね。
・昨日から血圧も体温も高め。
・今日は、トイレに2時間おきに行きたくなり、トイレに入り、便器を見ると、
 その時点で少し漏れる。これとの戦いですね。
 ●今日は、色々とフォトコンテストを調べ、応募してみた。

8/12 手術後7日目
    痛みの箇所がやっと分かってきた。
    ①傷口の表面の痛み(最初10→今0)
    ②右下の傷口のお腹の中(最初?→今1,咳き込むと9)
    ③2日後の鳩尾からの痛み(最初10→今3)
      →症状からは軽い急性腹膜炎的な感じですね。
    ④尿道の痛み:昨日から痛くなってきた(最初4→今4)
    今日は、4時間眠れた、その後は寝付き悪い。
    血圧。体温が通常に戻った。
    ドレインの量は変わらず多いですね。②③の影響か?
9:15 先生回診、「おしっこはどうですか」ハイ、いいです。
   ただし、激痛が走った後のお腹の痛みが。。。
   「今日か明日、傷口のところを診ますね」「ドレインはまだ多いので付けておきましょう」
  ●今日はOpenLayer(Ver4)の地図の変換作業をやっていたら、
   HPの問い合わせPHPが動かないものがある。
   ということで調べ出した。いろいろ調べてどうも、大元のサーバーがPHP 5.3から5.4に
   バージョンアップしたのが原因みたい。
   で、エラーログを調べ、エラー内容をクグッてみたら、
   5.4は、セキュリティが強化されているとのことで、
   どうやら関数の引数の記述が問題みたい。なにしろフリーサイトから持ってきたやつなので
   そのサイトにも対策の記載は無い。仕方なく、PHP分からないまま、
   大元のPHPの5.4のレファレンスを見ていたら、多分ここかなという目星が
   ついたのでPHPを修正したら、動きました。よかった。。。。。結構時間が掛かってしまった。
16:20 今日昼間のドレインの量は、少し減ってきている感じ。
16:50 先生回診、「痛みはどうですか」段々少なくなってきています。
    「明日、傷口診ましょう。ドレインは明日抜きましょ」ということになった。
   ・今日の尿漏れは、便器を見ても漏れなくなる時もあるし、そうでないときもある。

8/13 手術後8日目
   今日の痛みは、
      ②が咳すると激痛。
      ③は少し楽になってきた。
      ④は、何かすると痛くなる。
8:50 先生回診、「傷口診ますね」で、傷口のテープを全部剥がし、ホチキス止めのホチキスを
   抜いていった。で、①の右側の筋肉の痛み箇所のホチキスは、抜くときも痛かったので
   ①の痛い原因は、ホチキスですね。
   次にドレインを抜いた。抜くときの痛みはないが、お腹の中をグニュと通り過ぎていく感じが
   して、オオーーーーと。このドレイン、②の辺りまで入っていた感じです。
   このドレインの穴ですが、「1日で塞がります」とのことでガーゼを当てるだけでした。
   多少まだ漏れると思うので、そのときは言ってくださいガーゼ交換しますからとのこと。
    ということで、やっと体からすべての管が取れました。
  ●今日はOpenLayer(Ver4)の地図の変換作業を中心。
  ・ドレインを抜いた穴からまだ漏れています。4時間置きぐらいに交換。
18:50 先生回診、「おしっこの漏れはどうですか」出す前に少し漏れるときがあります。
   「それは前から」いいえ違います。
   「トイレに行く途中で漏れることは」ないです。

8/14 手術後9日目
   今日の痛みは、
      ①のホチキス抜いた痛みが腰を捻ると痛い。
      ②の痛みが和らいだ、やはりドレインの管の先があったようです。
      ③は押すと少し痛い感じに。
      ④の痛みは、なくなった。
   ということで、段々元のお腹に戻りつつある。
7:00 ドレイン穴のガーゼ交換。まだ染み出していた。
    朝食後、やっと剃刀を使った髭剃りに行った。今までは自分のお腹という感じがせず
    なんとなくやる気になれなく髭が伸びていた。今日はやる気が出てきた。
8:50 先生回診、「どうですか」ドレイン穴からまだ漏れてます。
    「今日の漏れ具合を見て、明日明後日の退院を考えましょう」とのこと。
    やっと退院の日にちが明確になった。
    最初は10日ということだったが、ドレイン抜くのに時間が掛かったために
    その分、伸びましたね。
   ・ドレイン穴からは、4時間毎にガーゼの外側まで染み出てくる。
    15時以降は、段々少なくなっているかも。
   ●今日は、1階のカフェ店に許しを貰いコーヒーを飲みに行ってきた。
    やっと病室以外に行けました。
   ・夕方からドレイン穴から染み出さなくなった感じ。

8/15 手術後10日目
   今日の痛みは、
      そんなに痛みは無きなってきた。
      横向きに寝るとまだ重圧の違和感がある。
6:30 ドレイン穴のガーゼ交換。夕方と同じ状態なので、塞がったようだ。
8:50 先生回診、「痛みはどうですか」ハイ、殆ど痛くなくなってきました。
  「あとは違和感はあるけど、時間経過と共に和らいで行くので」
  「今日退院ということで、よろしいでしょうか」今日ですか、あーハイ。
  手術に時間が掛かったのは、
  「ロボットの準備に1時間、前後で計2時間ぐらいは準備等に掛かっているので
   手術は正味5時間ぐらいなので、普通です。」
  「前立腺は大きかったですね」「80gぐらいあった」「100g在ると開腹手術は出来ないので」
  「転移の兆候は見られなかったですね。」
  どうもありがとうございます。
10:15 会計結果を事務員さんが持ってきて、荷造りして、会計を済ませ帰途に着きました。
   金額は、約44万、保険適用部分が約43万ぐらいでした。保険以外は、大部屋なので大変安かった。
 この日は、さすがに家でのんびりしてました。

前立腺癌治療日記(その4:退院後の状況)

拍手[0回]

忍者ブログ [PR]
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
[-]最新トラックバック
プロフィール
HN:
7maru
性別:
非公開
自己紹介:

バーコード
ブログ内検索
[+]アーカイブ
アクセス解析