忍者ブログ
[18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今年も明日から待望のキャンプに突入するが、
まずは、キャンプ前の横浜の予想をしてみた。

 キャンプ前ということで、補強戦力だけでの予想でしか
ないが、まあ、どうかな。

項目的には、毎年同じで。。。
 ?今年の投手陣
 ?今年の打撃陣
 ?今年の守備陣
 ?今年の行け行け度
 ?他球団は。。。

まずは、
【?今年の投手陣】

 野球は、何と言っても投手陣がすべて。
これが弱いと、打撃陣がいくら強力でも優勝はまず無理。

●今年の補強面

・いなくなった人
  先発 右:チアソン、
  中継 左:佐久本、右:ホセロ、岸本
  抑え 右:クルーン

・補強
  先発 左:田中、右:小林、ウッド
  中継 左:ウィリアムス、右:入来、小山田、ヒューズ、

ということで、抑えのクルーンが居なくなったのが痛い。
他は、どうでもいい。

補強は、クルーンの替わりに小山田を獲得したが、
まあ、替りは難しいかな?
小山田が怪我からどのような状態に回復しているかだけど???

外人は、数打ちゃ当たる的な感じで沢山捕ったがどうなんでしょ?
こればかりは、投げてみないと分からないので、
オープン戦で投げてどうかだね。

新人の2名は、基礎体力と経験を踏んでからということで、期待はしない方が。。。

ということで、補強面は、去年よりは抑えがいなくなったので不安かな。

●今年の投手陣

 先発:三浦、寺原、工藤、高崎、土肥、吉見、(外人、三橋、山口)
 中継:加藤、川村、小山田、木塚、那須野、牛田、(横山、入来、山北、外人)
 抑え:マットホワイト

 ということで、去年の後半のマットホワイトの投球ができれば、
抑えは、マットホワイトで十分。なにしろクルーンは、去年の後半を見れば
いなくてもいい状態だったので、替りがいれば問題なし。
そうなると、中継ぎは、去年と同じで、ここに小山田、入来、外人が加わり
シーズン後半の落ち込みを抑えられれば、いい戦いができそう。

 先発は、三浦、寺原、工藤の3本柱がキチット投げられ、
ここに高崎がローテを守れ、さらにもう一人、勝てる投手ができれば
クライマックスも夢ではなくなる。

 ということで、キャンプ前は、戦力的には、去年と同じかな。

    ・マットホワイトが抑えをできる。
    ・高崎が先発で勝てる
    ・ローテを守れる5人目の先発が出てくる。

【?今年の打撃陣】

●今年の補強面

・いなくなった人
  内野手 種田、木村
  外野手 古木

・補強
  内野手 斉藤、ジェイジェイ
  外野手 大西、小関、ビグビー

●今年の打撃陣

 捕:相川 (鶴岡)
 1:佐伯 (ジェイジェイ)
 2:仁志 (野中)
 3:村田 (石川)
 遊:石井琢(藤田)
 右:吉村 (小関)
 中:金城 (小池)
 左:内川 (ビグビー)

 代:大西、鈴木尚

○予想オーダ

 1:仁志
 2:石井琢
 3:金城
 4:村田
 5:佐伯
 6:吉村
 7:内川
 8:相川
 9:投手

 ということで、去年とあまり変わらない。
 外人は、果たして使えるのか?
 内川は、今年もキャンプは平穏で暮らせるのか?
 佐伯は、今年はどうなんでしょ?

 なにしろ、レフトと1塁がレギュラー争いですね

 ということで、今年も綱渡り状態ですね。
 キャンプ前は、一応は去年と同じということで。

【?今年の守備陣】

 石井琢が今年は大丈夫か?。
 外野の吉村は、大丈夫か??
 ということで、これは、去年と同じでしょ。

【?今年の行け行け度】

 優勝するチームには、開幕前からオーラが漂うが、
 横浜には、今年も、ほとんどそれが感じられない。
 補強的にも、数打ちゃ当たる感じで、なんとかプレーオフ入りしてくれという感じ。
 なにしろ、???の選手が多いので、まあ期待は出来ないね。
 大型選手を補強する等をしないと、上位はなかなか苦しい。
 ということで、まあ、今年も去年と同じようなシーズンを過ごすだけか?

【?他球団は。。。】

 T:ここは三拍子揃ったチーム構成で、怪我とか不調とかが
   なければ今年もAクラスは確実。なにしろFA新井獲得が大きい。

 D:福留の穴を和田を取り、戦力も同じなので、ここもAクラス確実。
   問題は、オリンピック対策がないので、そこがどうなるか?

 S:ここは、ラミレス・クライジンガーを失ったが
   なにしろ外人補強がいいし、ドラフトで加藤・佐藤を捕ったが
   今年も上位は厳しそうでBクラス争いか。

 G:ここは、オリンピック対策で外人3人の大型補強をした。
   これだけ凄い補強をしたが、クルーン・ラミレスは落ち目な選手なので
   どうでしょうか?でも、迫力満点だが。。。。
   今年は、Aクラス確実な感じ。

 C:ここは、新井がいなくなり、打撃陣も、投手陣も苦しい。

 ということで、どのチームも、怪我、不調での戦力ダウンが不安であるが
 今年はオリンピックで選手が居なくなる球団がどうなるかですね。
 キャンプ前の時点では、G,T,D,S,Y,Cと言う感じかな?!
 
 問題は、今年もやっぱり、怪我ですね。
 一年を通して、チーム全体で怪我が少なくなく、
 オリンピック期間を戦力低下させずに乗り切り、
 新戦力が台頭したチームが優勝するでしょう。
 
 そういう意味だと、横浜が優勝する条件は、
 オリンピック対策として外人が活躍すること。
 投手は、三浦・寺原の負け数を少なくする。
     高崎の独り立ち、先発5人目の出現。
     中継ぎが崩壊しない。
     抑えの確立。
 打撃は、吉村の爆発。
     村田の不調期間の短縮。
     金城の復活。
 ですね。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
[-]最新トラックバック
プロフィール
HN:
7maru
性別:
非公開
自己紹介:

バーコード
ブログ内検索
[+]アーカイブ
アクセス解析