忍者ブログ
[310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 先日カラオケ店のバックミュージックであの冬ソナの
歌がかかっていた。それも日本語で。

おおー日本語で唄えるのかということで、
さっそく歌本で見てみたが、曲名や歌手名も知らないので
分からなかった。

次にカラオケ店に行ったときに、DAM7月号の最新曲を見たら、
冬のソナタの曲ということで、
向井成一郎さんの「最初から今まで〜Room#303〜」があったので、
これかなということで早速練習してみた。

といっても、原曲聞いてないので、メロディ聞きながら唄ってみた。
初めは、リズム取れないので声が出なかったが、
なんとか、リズムを取れたので、声が出てきて、まあ感じは出たかな?
でも、原曲聞いてないので音程は??

で、ネットで調べたら、冬ソナの韓国の本物の歌手がRYUさんで、
RYUさんが日本語で唄っているカラオケバージョンがあるようだ。

で、こちうもDAMにあったので唄ってみた。ただし原曲は聞いてない。^^);;

なので、原曲聞くためにNHKの冬ソナを見てみた。
こちらは、始まる前と、終わりに、少しだけRYUさんが韓国語で唄っている。

聞くと、確かに切ない感じを表現している。
でもこの切なさを日本語バージョンで表現するのは、難しいんじゃないのかな?
韓国語だから、あのメロディにあった細かな表現が出来るんだけど、
日本語だと細かな表現が難しそう。

でもRYUの日本語バージョン聞いてないので、分からないが。

で、問題は、RYUと向井の歌詞が違う。
さらに音符も向井のはちょっとアレンジしてるのかな?違う!

RYUの日本語バージョンの方が、確かに韓国語のせつない表現を
唄うには向いている。でも、完全に表現するのは無理そう。

向井のは、日本語に合ったような歌詞にアレンジされているので、
日本人が唄うには向いている感じ。
でも、韓国語のあの切なさを表現するのは、こちらは向いてない。

ということなんで、どちらを唄ったらいいのかな?
自分的には、RYUの日本語バージョンの方が切なさの表現の練習には
いいので、こちらを唄うかな。

ていうか、まずは原曲を聞いてみよう。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
[-]最新トラックバック
プロフィール
HN:
7maru
性別:
非公開
自己紹介:

バーコード
ブログ内検索
[+]アーカイブ
アクセス解析