忍者ブログ
[621] [518] [519] [619] [521] [522] [523] [524] [525] [526] [527]

 この前、映画「ALWAS 三丁目の夕日」を見てきた。
昭和30年代の映画なんだけど、全体的に泣けますね。

 泣けるシーンがいたるところにあるので、自然と涙が
出てしまうところが、この映画のヤバイところですね。

 内容的には、近所の人がみんな家族同然という昭和30年代を
そのまま描いていて、テレビが来たときのみんなの喜びや、
納豆売りや、駄菓子屋さんなどが、懐かしい感じですね。

 自分的には、外でスイカを水道で冷やしているシーンが、いいですね。

ということで、この映画はお勧めだけど、
てんてん丸に見せるのは、もうちょっと後の方がいいみたい。
なにしろ、てんてん丸は、まだサンタを信じてるので、
この映画見せると、バレバレになるので、ヤバイ。。。

 ただ、この映画で唯一、えっーーて思ったのが
最後の夕日のシーン。

いろいろと、夕日のシーンをじらしてじらして、
最後に見せたシーンは、そりゃありえねえよ。。。。

さらに、じらしていたときの綺麗な感じで夕日を想像していたんだけど
あまり綺麗でない画だったのも、ちょっとという感じです。
これは個人差があるのでなんとも言えないですけどね。

もし自分が監督なら、最後の夕日を見せる場面を想定して、
もっと違った場面の夕日を撮るけどね。
ただ、綺麗な夕日って、そう簡単に撮れるもんじゃないから、
これは仕方ないかもね。
ただこれって原作がこうなんでしょうか??

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
[-]最新トラックバック
プロフィール
HN:
7maru
性別:
非公開
自己紹介:

バーコード
ブログ内検索
[+]アーカイブ
アクセス解析