忍者ブログ
[367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377]

 てんてん丸の劇団のオーディションは、朝から約4時間ぐらいかけて
やっている。受ける人は、この間ならいつ来てもいいようだ。

そこで、オーディションってどんなものか興味があったので、
ママとてんてん丸と3人で行くことに。

はじめは9時頃には家を出ようとしてたけど、
いつものように、なんだかんだで、結局、家を出たのがお昼過ぎだった。
で、道路が渋滞しているようでバスが来ない。
仕方なく、タクシーで駅まで行って、電車を乗り継いで
なんとかオーディション会場へは締め切り10分前に到着。

殆ど最後の方の受付けを済ませ、控え室で待つことに。
ここで前のボードにTV有名番組のプロディサーやディレクタの
試験官のお方の名前がずらりと。おおーー!!
でも番組は知ってるけど、名前は知らないんだよね。でもなんか凄いことに。。



40分ぐらい待ってからオーディション会場へ。
他には4名の子供達がいた。でも全員女の子でした。
さすがに綺麗、可愛い子ばっか。うーーん、おんなの子は、いいなーーと。
そして、オーディション会場の前で待っていても、女の子は皆静かに
待っている。それに比べ、てんてん丸は、じっとしていられず、
廊下を走ろうとしたり、寝そべったりと、ほとんどしゃべりっぱなし。
うるさい、静かにしなさいと言っても、聞く耳なし。。。あああーー

で、まずは、レッスンの体験をしてもらうとのこと。

なにしろ思いつきで応募したので、オーディションって何やるのとか、
どんなことに気をつけないといけないとかの情報はゼロ。
まあ、服装からして、いつも家で着ている派手なものだし。
と心配ではあったが。まあ、てんてん丸に任せることに。

内容的には、幼稚園でもやってそうなことなので、無難にこなしていた。
最後に先生が「お疲れ様でした」とかわいく言ったら、
てんてん丸が大きな声で「さようなら」と言ったのが受けてました。

次に親同伴の面接。
まずは、「お名前は」の質問に。

席立ってママの後ろに隠れ気味になって、「教えないよ」。

しばし全員あぜーーーーーん。汗)
面接のおにいさんが何回か聞いたが
まったく駄目。面接のおにいさん「嫌われたかなーーー^^);;」

で、なんとか座らせ。
「ではテレビはなに見てるの」と質問。

「テレビ見ないよ。見るのは、しまじろう、電車、ちょこらんたんのビデオだよ」。

昨日の夜、ドラマ見たでしょ。
ちょこらんたん生で観てるときあるじゃんって思ったが、
てんてん丸への質問なんで、ぐっとこらえる。

で、その後は再び席立って、カタログを電車の車両として床に全部並べたり、
いすを引きずって大きな音ならせて嬉しがったり、
隣の面接官のおねえさんのところに行ってなにやら話したりと、
暴れ放題だった。

その間、親との面接に。あはははーーー。

まあ、こんな内容じゃ、とても受からないだろうなとは思った。

結局、何人受かるのかも分からないが、
そのとき聞いた、クラスの数と人数とレッスン教室の大きさからして
そんなに沢山は受からない感じ。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
[-]最新トラックバック
プロフィール
HN:
7maru
性別:
非公開
自己紹介:

バーコード
ブログ内検索
[+]アーカイブ
アクセス解析