忍者ブログ
[372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 骨折してから、やる事無いので、カラオケ行くことが多いけど
GLAYの「ずっと二人で」を練習してたときに、伸ばすところで、
自然とビブラートが出来た感じ。

いままでは、喉をわざと震わせていたけど、
そんなことはなく、自然と出来てしまった。

他の曲でも例えばシングルベッドとかで唄ってみたが、
確かに出来ている感じ。

といっても、録音したけど、なんか震えてるねといった
感じで、プロのような綺麗なものじゃない。^^);;
でもDAM BBの精密採点で、一応ビブラートと認識されることは確か。

なぜ出来たのかを考えてみたけど、
やはり、喉を開いた状態で腹声で唄っているのが条件で、
さらに下あごを大きく開いている状態で、
舌は使わずに、喉のところで振るわせる感じ。

やってみたけど、喉を閉じている状態だと、難しい。
喉声で唄おうとしてもやっぱ無理。

やはり喉を開いて、口を開けて、腹声で唄う状態で出来るかな。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
[-]最新トラックバック
プロフィール
HN:
7maru
性別:
非公開
自己紹介:

バーコード
ブログ内検索
[+]アーカイブ
アクセス解析